戸塚区版 掲載号:2013年4月11日号
  • googleplus
  • LINE

明学大 バスで150周年PR 横浜・鎌倉を1年間走行

教育

ロゴや創設者ヘボン氏があしらわれたクラシカルなデザイン
ロゴや創設者ヘボン氏があしらわれたクラシカルなデザイン
 明治学院大学横浜キャンパス(上倉田町)で、学院創立150周年を地域に広くアピールするためラッピング装飾された江ノ電バスのお披露目会が4月2日に行われた。

 デザインは学内で学生・教職員を対象に募集。10作品の中から、横浜キャンパスの職員・平賀政道さんのものが選ばれた。応募作品には戸塚区のシンボルマークの鳥をアレンジしたものや、同大のスクールカラーの黄色をメインにしたポップなデザインなどもあった。

 採用されたデザインは、同大出身の文豪・島崎藤村も利用したという、れんが造りの記念館(白金キャンパス内)がモチーフ。平賀さんによると、横浜キャンパスは近代的な建物が多いため、バスで歴史的建造物を表現し、150年の歴史の重みを伝えたかったという。「おしゃれなバスは地域の雰囲気を盛り上げてくれるはず」とも話す。

 バスは2014年3月末までの1年間、戸塚駅〜同大南門路線を中心に横浜市、鎌倉市内を走行する。「1台のみなので、出合うのは難しいかもしれない。見つけられたらラッキーですね」と平賀さん。

戸塚区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初の地域共同イベント

戸塚町の多世代型住宅

初の地域共同イベント

4月7日 フリマや食事も

4月7日~4月7日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク