戸塚区版 掲載号:2013年4月11日号
  • googleplus
  • LINE

明学大 サッカー通じ、交流 被災地の子どもを招待

スポーツ

笑顔でボールを追いかける子どもと大学生
笑顔でボールを追いかける子どもと大学生
 Jリーグと連携し、毎年横浜市内の子ども向けにサッカー教室を開催している明治学院大学体育会サッカー部。3月23日には、福島県双葉郡大熊町と横浜市内の少年サッカーチーム5チームを招待し、交流会と横浜Fマリノスによるサッカー教室を実施した。

 大熊町は福嶋第一原子力発電所のある街で、東日本大震災後はほとんどの地域が立ち入りが制限される「帰還困難区域」となっている。避難している街でも除染作業のため、グラウンドが使えない状況が多く、3月でも雪も降るため外での練習が少ないという。

 当日は同大サッカー部と横浜市内のチームが横断幕を持って、福島県の子どもたちを出迎えた。開会のあいさつが終わり、「自由に練習していいぞー」という合図が出ると、子どもたちは我先にとグラウンドへ駆け出して行った。大学生がシュート対決を持ちかけたり、「何年生?プロ目指してるの?」と会話を楽しみながらボールを追いかける姿も見られた。

戸塚区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初の地域共同イベント

戸塚町の多世代型住宅

初の地域共同イベント

4月7日 フリマや食事も

4月7日~4月7日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク