戸塚区版 掲載号:2013年4月25日号
  • googleplus
  • LINE

スカーフ大使が決定 シルクの魅力を発信

社会

揃いの制服にスカーフをアレンジした大使たち
揃いの制服にスカーフをアレンジした大使たち

 世界が認める高級シルク「横浜スカーフ」の魅力を市内外に発信する「横浜スカーフ親善大使」の2代目がこのほど決定した。

 今回選ばれたのは、写真左から野村夏実さん(21)、田中浩実さん(42)、本川未來さん(19)、曽朝汴(ソウチョウペン)さん(37)の4人。偶然にも10代から40代の一人ずつが選ばれ、審査を行った横浜繊維振興会では「各年代ごとにスカーフの魅力を伝えられるのでは」と期待を寄せている。

 西区在住で母親がミス横浜だった田中さんは「スカーフで女性を内面から美しくする方法をご紹介できたら」、中区在住でネイルサロンで働く曽さんは「スカーフの鮮やかな色使いを勉強したい」、西区在住で大学4年生の野村さんは「巻き方を学んで自分でもいろいろ試したい」、保土ケ谷区在住でファッション専門学校に通う本川さんは「若い世代にもスカーフの魅力を伝えたい」とそれぞれ笑顔で意気込みを話した。

 任期は1年間。4月28日には横浜赤レンガ倉庫で任命式が行われ、今後市内外のイベントなどで横浜スカーフの魅力を伝えていく。
 

戸塚区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初の地域共同イベント

戸塚町の多世代型住宅

初の地域共同イベント

4月7日 フリマや食事も

4月7日~4月7日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク