戸塚区版 掲載号:2013年5月23日号
  • googleplus
  • LINE

明治学院大学横浜キャンパスの大学祭「戸塚まつり」16代目の代表を務める 浅田拓野(たくや)さん 国際学部国際学科 3年

地域に開き、共につくる

 ○…第16回戸塚まつりの準備会代表として半年近くかけ、仲間と準備を進めてきた。模擬店やステージパフォーマンス、持ち込み企画などは、参加者の約半分が地域住民だ。手話にダンスに講義まで、ジャンルはさまざま。「一般の大学祭とは違った雰囲気。地域の方の日本舞踊などが見られる大学祭は珍しいはず」。単なる大学祭ではなく、地域住民と共に一つの「祭り」をつくりあげる。

 ○…仲間の声に押され、3回目の準備会参加となった。組織を動かす苦労や責任もあるが、代表になったことは良い経験と話す。楽しげに作業する仲間の姿を見るのが、事務作業の多い代表ならではの楽しみだ。ツイッターやフェイスブック、ポスター、近隣自治会の回覧板など、地域へのPRも欠かせない。「第1回から目指しているのは学生のためだけではない『開かれた大学祭』。学生が『開く』ので、地域の方にもどんどん入ってきてほしい」

 ○…港南区在住。日本や世界の文化が与える影響などに興味を持ち、国際学部で学んでいる。最近は準備会で忙しく、なかなか参加できていないが、カンボジア支援をするサークルにも所属している。現地のフリースクールで子どもたちに絵本の読み聞かせやワークショップなどの教育支援をした経験もある。「現地の言葉はまだあいさつ程度しか話せないですが、ボディーランゲージでなんとか。特に子どもには言葉がなくても、気持ちで不思議と伝えられる」。将来は世界とかかわれるような仕事を目指しているという。

 ○…今年、明治学院は創立150周年を迎えた。大学祭も例年以上の盛り上がりが期待される。準備会で受け継がれている真っ赤な法被には、歴代の代表名と並んで「十六代目 浅田拓野」の文字が。「書くとき、緊張しましたよ」とはにかんだ表情を見せる。大学祭は目前。歴代代表の思いが染み込んだ法被に袖を通し、時を待つ。

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

初音丘学園

幼稚園教育は「人生100年時代」における第一歩です。

http://hatsunegaoka.ed.jp/

ウィッグでがん患者さまを応援!

明和企画は、ストレスフリーなウィッグ「ブリリアントブリーズ」を紹介しています

https://www.meiwa-kikaku.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6件

石田 隆さん

横浜市管工事協同組合の理事長に就任した

石田 隆さん

7月26日号

土井 芳枝さん

オリジナルのデコパージュ作品の展示会を開催している

土井 芳枝さん

7月19日号

原田 輝夫さん

7月22日にミニライブを行う、「尺八遊吹(ゆうふ)く会」代表の

原田 輝夫さん

7月12日号

相澤 稔さん

戸塚区連合町内会自治会連絡会会長に就任した

相澤 稔さん

7月5日号

高見 泰地さん

将棋の第3期叡王戦(ドワンゴ主催)で初タイトルを手にした

高見 泰地さん

6月28日号

三根 政信さん

自身が作詞作曲、振りつけをした「遊び歌」を歌うイベントを開催する

三根 政信さん

6月21日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「心のこもった芝居」続ける

区内の「劇団年輪」

「心のこもった芝居」続ける

8月5日 公会堂で公演

8月5日~8月5日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 「きょうは漢方の話」

    仁天堂薬局のコラム

    「きょうは漢方の話」

    【4】夏風邪は胃腸の手当を

    7月26日号

  • 男のおしゃれ学

    第210回

    男のおしゃれ学

    「チカンやセクハラに遭わない服装」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    7月19日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク