戸塚区版 掲載号:2013年7月25日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市消防局 ケガ予防で救急出動抑制 事例や対策、冊子で紹介

 2年連続で救急車の救急出動が過去最多を更新している横浜市。今年は昨年を上回るペースで熱中症患者が急増しており、救急需要の抑制が課題となっている。市消防局(保土ケ谷区)では、予防救急の強化が急務とし、ケガの予防や対策を講じたハンドブックを作成して7月から市内全域で配布。昨年約3万件あった一般負傷者の削減を図る。

 市内には63台の救急車が配備されている。同局警防部救急課によると、全国的に問題となった救急車の不適切な呼び出しは改善されつつあるが、高齢者や単身世帯の増加により出動件数は右肩上がりの状態。予算の関係もあり、救急車や人員を増やすのは難しいのが現状だという。

 救急出動の過去最多を記録した昨年は、17万288件に上った。その内訳は、急病が11万4019件と最多で、次いで多かったのがケガなどによる一般負傷で2万7933件だった。

 同局では2011年の救急搬送事例から分析した結果、「市民意識を高めればケガは未然に防げる。予防救急の取り組み強化が必要」と認識。医療関係者、学識経験者、市民などによる「横浜市救急業務検討委員会」でまとめたハンドブック『救急搬送事例からみたケガの予防対策』を20万部作成した。

 同局は「ケガの予防は全ての年齢層で共通の課題です。ハンドブックを広く活用して頂き、ケガの予防に役立ててほしい」と訴える。ハンドブックは公共機関などで配布を開始している。

熱中症、昨年比4倍に

 市内では熱中症による救急搬送は今年5月から7月17日時点で、昨年比289件増の375件と大幅に増加。戸塚区内は同期比で19件増の22件だった。

 救急出動の内訳のうち一般負傷の部類に入る熱中症だが、こちらもケガと同様に予防意識を高めることで避けられるケースも少なくない。同局では「暑さに慣れる間は不要不急の外出を避け、こまめに水分補給をするなどして対策を」と呼びかけ、ホームページや消防車両などを活用した広報活動にも力を注いでいる。

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

初音丘学園

幼稚園教育は「人生100年時代」における第一歩です。

http://hatsunegaoka.ed.jp/

ウィッグでがん患者さまを応援!

明和企画は、ストレスフリーなウィッグ「ブリリアントブリーズ」を紹介しています

https://www.meiwa-kikaku.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

広報紙に県下最高賞

戸塚警察署辻本さん作

広報紙に県下最高賞

7月26日号

ムエタイで世界を狙う

戸塚町在住理崎さん

ムエタイで世界を狙う

7月26日号

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

区内2小学校で該当

不適合ブロック塀

区内2小学校で該当

7月19日号

俣野町で約20年ぶり公開

地元題材の大型絵本

俣野町で約20年ぶり公開

7月12日号

地域での介護予防に一役

区内の21グループ

地域での介護予防に一役

7月12日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「心のこもった芝居」続ける

区内の「劇団年輪」

「心のこもった芝居」続ける

8月5日 公会堂で公演

8月5日~8月5日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 「きょうは漢方の話」

    仁天堂薬局のコラム

    「きょうは漢方の話」

    【4】夏風邪は胃腸の手当を

    7月26日号

  • 男のおしゃれ学

    第210回

    男のおしゃれ学

    「チカンやセクハラに遭わない服装」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    7月19日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク