戸塚区版 掲載号:2013年8月29日号
  • googleplus
  • LINE

第49回神奈川県美術展の工芸部門で入選した 森田 晶子さん 県立上矢部高校 美術陶芸コース2年生

負けず嫌いが導いた快挙

 ○…渾身の作である白彩黒泥大壺「雪華」が、「県展」と呼ばれる県内最大規模の公募美術展で入選した。同校では21年ぶりの快挙。「窯に入るぎりぎりの大きさ」という高さ50cmほどの大きな丸みを帯びた壺に、白と黒のグラデーションで雪景色を彷彿とさせるような淡い色合いを重ねた。入選の知らせは自宅のポストに届いたはがき。「すごく嬉しかった。お母さんと一緒に喜びました」と無邪気な表情で心から喜ぶ。

 ○…中学校時代に所属していた美術部の課題で陶芸に触れたことが、始めたきっかけ。立体を作る魅力にはまった。高校では陶芸部に入り、今年から部長に。「作品を作っているとき、陶芸のことを考えているときが、本当に楽しい」と繰り返す。とりわけ上手く焼けたときの感動はひとしお。中でもシンプルな形と色合いをした壺の製作を好むという。「夏休み中は部活に入り浸りで、宿題をやっていません」と苦笑い。まさに陶芸に夢中だ。

 ○…県展の作品は5月末から製作を始め、完成までに要した期間は約1カ月。その間、毎朝7時には登校し、放課後は下校時間を過ぎても打ち込んだ。そこには「前回の失敗をリベンジしたい」という強い決意があった。昨年の県高等学校総合文化祭に出展するための壺が、焼いたら割れてしまったという。「悔しかった。いつも途中で投げ出したくなるけれど、今回はしたくなかった」。自他ともにも認める”負けず嫌い”。教諭から勧められた県展への出展が大きなチャンスとなった。今では「あのときに失敗していて良かった」と笑えるほどだ。

 ○…今は11月から始まる総合文化祭に向け、製作に没頭にしている。校内からは立体部門で5人しか出展できないため「まずは校内選抜で勝つのが目標」と前を見据える。平日は気を張っている分、休日はアルバイトや友人と遊ぶことも。「息抜きの時間です」と高校生らしく笑った。

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

初音丘学園

幼稚園教育は「人生100年時代」における第一歩です。

http://hatsunegaoka.ed.jp/

ウィッグでがん患者さまを応援!

明和企画は、ストレスフリーなウィッグ「ブリリアントブリーズ」を紹介しています

https://www.meiwa-kikaku.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6件

石田 隆さん

横浜市管工事協同組合の理事長に就任した

石田 隆さん

7月26日号

土井 芳枝さん

オリジナルのデコパージュ作品の展示会を開催している

土井 芳枝さん

7月19日号

原田 輝夫さん

7月22日にミニライブを行う、「尺八遊吹(ゆうふ)く会」代表の

原田 輝夫さん

7月12日号

相澤 稔さん

戸塚区連合町内会自治会連絡会会長に就任した

相澤 稔さん

7月5日号

高見 泰地さん

将棋の第3期叡王戦(ドワンゴ主催)で初タイトルを手にした

高見 泰地さん

6月28日号

三根 政信さん

自身が作詞作曲、振りつけをした「遊び歌」を歌うイベントを開催する

三根 政信さん

6月21日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「心のこもった芝居」続ける

区内の「劇団年輪」

「心のこもった芝居」続ける

8月5日 公会堂で公演

8月5日~8月5日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 「きょうは漢方の話」

    仁天堂薬局のコラム

    「きょうは漢方の話」

    【4】夏風邪は胃腸の手当を

    7月26日号

  • 男のおしゃれ学

    第210回

    男のおしゃれ学

    「チカンやセクハラに遭わない服装」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    7月19日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク