戸塚区版 掲載号:2013年9月26日号
  • googleplus
  • LINE

子育てサポートシステム とっとの芽が運営へ 区社協から10月に移管 

 横浜市が独自に進める子育て支援活動の一つ、「横浜子育てサポートシステム」。戸塚区では現在、区支部事務局を戸塚区社会福祉協議会が担っているが、10月から地域子育て支援拠点「とっとの芽」に移管する。

 この取り組みは地域ぐるみでの子育て、育児と仕事の両立支援を目的にした会員制による有償活動。生後57日以上から小学6年生までの子どもを預けたい側の「利用会員」と、預かる側の「提供会員」、また両者間の調整を図る「地区リーダー」(コーディネーター)で成り立つ。育児中の親のリフレッシュ、保育園や幼稚園への送迎、冠婚葬祭や通院などでも利用できる。

 2001年、区社協が運営を受託する形で全市的にスタートしたこの事業は、10年から各区の地域子育て支援拠点に事務局を移管している。現在は10区で移管が完了しており、10月からは戸塚、保土ケ谷、泉区での移管が決まっている。

 移管するにあたり、変わる点も多い。専門スタッフが拠点に常駐するため、説明を親子が集まる場(広場)で行えるほか、スタッフが直接出向くことも可能に。また、初めて利用する際の会員同士の事前打ち合わせにコーディネーターが同席。預け先も広場にできることで相互の安心感につなげていくという。

 一方で、今後力を入れていくべき課題も。現在の利用目的の多くは、子どもの送迎が占める。とっとの芽のスタッフは「リフレッシュ目的にも利用してほしい。育児中に自分の時間を持つことは大切」と強調する。

 また、区内では提供会員に対して利用会員が圧倒的に多い。「今まで提供会員にシステムをPRする場がほとんどなかった。今後増やしていく必要がある」とも話す。同システムの問合せは、専用ダイヤル(とっとの芽内)【電話】045・443・5384(10月からの火〜土曜日の午前9時30分から午後5時まで)

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

初音丘学園

幼稚園教育は「人生100年時代」における第一歩です。

http://hatsunegaoka.ed.jp/

ウィッグでがん患者さまを応援!

明和企画は、ストレスフリーなウィッグ「ブリリアントブリーズ」を紹介しています

https://www.meiwa-kikaku.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

広報紙に県下最高賞

戸塚警察署辻本さん作

広報紙に県下最高賞

7月26日号

ムエタイで世界を狙う

戸塚町在住理崎さん

ムエタイで世界を狙う

7月26日号

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

区内2小学校で該当

不適合ブロック塀

区内2小学校で該当

7月19日号

俣野町で約20年ぶり公開

地元題材の大型絵本

俣野町で約20年ぶり公開

7月12日号

地域での介護予防に一役

区内の21グループ

地域での介護予防に一役

7月12日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「心のこもった芝居」続ける

区内の「劇団年輪」

「心のこもった芝居」続ける

8月5日 公会堂で公演

8月5日~8月5日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 「きょうは漢方の話」

    仁天堂薬局のコラム

    「きょうは漢方の話」

    【4】夏風邪は胃腸の手当を

    7月26日号

  • 男のおしゃれ学

    第210回

    男のおしゃれ学

    「チカンやセクハラに遭わない服装」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    7月19日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク