戸塚区版 掲載号:2013年9月26日号
  • googleplus
  • LINE

1964年東京五輪で日本バレー選手団36人の深紅のブレザーを仕立てた 藤崎 徳男さん 柏尾町在住 84歳

世の中変える五輪

 ○…「思わずソファから飛び上がった」。2020年東京五輪の開催が決定した瞬間、テレビの前で喜びを表した。1955年に全日本紳士服技術コンクールで農林大臣賞を受賞した腕を見込まれ、バレー選手団のブレザーを縫製したのは半世紀前。今も色あせず、型崩れもなく保管されている自身用の一着は「感動とともに後々に残れば」と関連団体への寄贈を決めた。

 ○…ブレザー作製でまず苦労したのは採寸。選手の肩は筋肉で盛り上がり、腕も太い。殺気立った練習場に出向き、踏み台を使いながら一人ひとりを細部にわたり採寸した。徹夜を繰り返しながら3カ月半で仕上げた。64年の東京五輪。開会式の選手入場では、最後尾の日本選手団が姿を見せると会場は地鳴りのような拍手で包まれ「自分も選手団に溶け込んでいるように錯覚した」という。敗戦から立ち上がった日本の姿、また自身の生い立ちが走馬灯のように頭を巡った。

 ○…現在の岩手県花巻市出身。早くに母を病気で亡くし、長兄は戦争で逝った。6歳で東京の洋服店に奉公に出ると、朝5時に起床し「職人の下着を洗濯、次に掃除…」といった毎日だった。67年に(有)藤崎を創立。主に船舶用ユニホームを手がけ、今では大手海運企業等との取引も多い。「自分を信じて挑戦することが好き」との言葉通り、店内には船員が使う「シーマンバッグ」の試作品が並ぶ。夫人と長男夫婦、次男、孫2人の7人家族。

 ○…「五輪は世の中を変える。日本が必ず良い方向に進む」と次期東京五輪に寄せる期待は大きい。50年前の経験から、経済はもちろん人の心、育まれる絆など、多くが好影響を受けると信じている。「それには五輪に向けて今盛り上がっているムードを逃さないことが大切」。時の証人はそう説き、「日本のノウハウを結集し、政治家も経済人も全力投球で大成功に導いてほしい」と7年後の日本にエールを送る。

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

初音丘学園

幼稚園教育は「人生100年時代」における第一歩です。

http://hatsunegaoka.ed.jp/

ウィッグでがん患者さまを応援!

明和企画は、ストレスフリーなウィッグ「ブリリアントブリーズ」を紹介しています

https://www.meiwa-kikaku.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6件

石田 隆さん

横浜市管工事協同組合の理事長に就任した

石田 隆さん

7月26日号

土井 芳枝さん

オリジナルのデコパージュ作品の展示会を開催している

土井 芳枝さん

7月19日号

原田 輝夫さん

7月22日にミニライブを行う、「尺八遊吹(ゆうふ)く会」代表の

原田 輝夫さん

7月12日号

相澤 稔さん

戸塚区連合町内会自治会連絡会会長に就任した

相澤 稔さん

7月5日号

高見 泰地さん

将棋の第3期叡王戦(ドワンゴ主催)で初タイトルを手にした

高見 泰地さん

6月28日号

三根 政信さん

自身が作詞作曲、振りつけをした「遊び歌」を歌うイベントを開催する

三根 政信さん

6月21日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「心のこもった芝居」続ける

区内の「劇団年輪」

「心のこもった芝居」続ける

8月5日 公会堂で公演

8月5日~8月5日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 「きょうは漢方の話」

    仁天堂薬局のコラム

    「きょうは漢方の話」

    【4】夏風邪は胃腸の手当を

    7月26日号

  • 男のおしゃれ学

    第210回

    男のおしゃれ学

    「チカンやセクハラに遭わない服装」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    7月19日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク