戸塚区版 掲載号:2013年10月10日号
  • googleplus
  • LINE

横浜夢座公演 ドリームランドが舞台 24日から、みなとみらいで

日々稽古に励む出演者たち
日々稽古に励む出演者たち
 横浜市出身の女優・五大路子さんが座長を務める「横浜夢座」の第11回公演「〜ドリームランドへの手紙〜俣野町700番地 夢の国」が10月24日(木)から30日(水)まで、ランドマークホールで行われる。多くの市民に愛された横浜ドリームランドへの郷愁を、温かな視点で描いた作品だ。

 現在は跡地に横浜薬科大学などが建つ同園は、国内先駆けの遊園地として1964年に開園したが、経営悪化のため2002年2月17日に閉園。五大さんは幼少期から親しみがあり、母親となってからも子どもとよく訪れたというファンの一人だ。閉園日も訪れ、「そのときに見た、寂しそうに遊具に向かう職員の姿が忘れられなかった」と話す。

 今年に入り、その光景が突然思い出された。その日は偶然にも閉園日の前日。五大さんは強い衝動に駆られ、すぐに舞台化に向けて動き出した。地元の協力も得て、名物男性従業員として親しまれた「ヘイヘイおじさん」=「人物風土記」で紹介=を探したところ遭遇。「これは行ける」と確信し舞台化が決定した。

 ストーリーは閉園から数年後、園で働いていた仲間たちが再び集まり、特別な「彼」を祝福する…というもの。今回、元職員で筋金入りのファンとして出演する女優の日向薫さんは「ドリームランドはまさに時代の象徴。庶民的な雰囲気が良かった」と自身の思い入れも強い。五大さんは「園への熱い想いが詰まった作品。懐かしさや人の心の温もりを伝えたい」としている。

 料金は全席指定で前売りが一般5000円、学生3000円(当日は各500円増)。10月29日(火)午後2時からは「戸塚区民DAY」対象公演として、区民は1割引となる。問合せは事務局【電話】045・661・0623(平日午前10時から午後5時)まで。

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

初音丘学園

幼稚園教育は「人生100年時代」における第一歩です。

http://hatsunegaoka.ed.jp/

ウィッグでがん患者さまを応援!

明和企画は、ストレスフリーなウィッグ「ブリリアントブリーズ」を紹介しています

https://www.meiwa-kikaku.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

広報紙に県下最高賞

戸塚警察署辻本さん作

広報紙に県下最高賞

7月26日号

ムエタイで世界を狙う

戸塚町在住理崎さん

ムエタイで世界を狙う

7月26日号

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

区内2小学校で該当

不適合ブロック塀

区内2小学校で該当

7月19日号

俣野町で約20年ぶり公開

地元題材の大型絵本

俣野町で約20年ぶり公開

7月12日号

地域での介護予防に一役

区内の21グループ

地域での介護予防に一役

7月12日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「心のこもった芝居」続ける

区内の「劇団年輪」

「心のこもった芝居」続ける

8月5日 公会堂で公演

8月5日~8月5日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 「きょうは漢方の話」

    仁天堂薬局のコラム

    「きょうは漢方の話」

    【4】夏風邪は胃腸の手当を

    7月26日号

  • 男のおしゃれ学

    第210回

    男のおしゃれ学

    「チカンやセクハラに遭わない服装」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    7月19日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク