戸塚区版 掲載号:2013年10月17日号
  • googleplus
  • LINE

産後母子ケアモデル事業 助産院が育児サポート 国の事業化に先駆け実施

社会

 横浜市は国の事業化に先駆け、育児不安の早期解消のための「産後母子ケアモデル事業」を10月1日から開始。神奈川県内初の事業で、戸塚区の「うみと森助産院」を含めた市内8カ所の助産院が委託を受け、心身ともに不安定になりやすい産後4カ月までの母子を助産師がサポートする。

 同事業は、家庭的な施設環境の助産所で、育児のアドバイスや健康管理の指導を受けたりすることにより育児不安を早期に解消し、不安やストレスから起こる児童虐待などの未然防止につなげるという。

 面談や育児講座などに比べ、サービスの利用時間が長く設定されており、利用料は日帰りの「デイケア」は最長8時間1日2食で1日あたり2000円、宿泊ができる「ショートステイ」は24時間1日3食で1泊2日で6000円。市民税非課税世帯は減免制度もある。利用対象は生後4カ月未満の子を持つ母親で、【1】横浜市民である、【2】家族などから産後の援助が受けられない、【3】育児不安等が強く支援を必要とする、【4】母子共に医療行為が必要ない、の4項目すべてに当てはまることが条件。

 専門性が高く、経験豊富な助産師に直接個別指導してもらえることも特徴の一つ。「赤ちゃんの発育チェックや沐浴なども実際に行いながら指導してもらえる。横になってゆっくりと疲れをとることもできるので、心身のケアに利用してもらえたら」と市こども青少年局こども家庭支援課。

 委託先の助産院は7月に公募し、選定委員会が決定した。委託を受けている区内のうみと森助産院(平戸5の5の12)は2011年に開院。戸建て住宅を改装しており、自宅のような雰囲気の部屋で過ごせるようになっている。

 利用の相談は各区のこども家庭支援課(戸塚区【電話】045・866・8466)へ。育児状況などを確認し、利用の可否を判断する。

母子で過ごす部屋=うみと森助産院
母子で過ごす部屋=うみと森助産院

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

初音丘学園

幼稚園教育は「人生100年時代」における第一歩です。

http://hatsunegaoka.ed.jp/

ウィッグでがん患者さまを応援!

明和企画は、ストレスフリーなウィッグ「ブリリアントブリーズ」を紹介しています

https://www.meiwa-kikaku.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

広報紙に県下最高賞

戸塚警察署辻本さん作

広報紙に県下最高賞

7月26日号

ムエタイで世界を狙う

戸塚町在住理崎さん

ムエタイで世界を狙う

7月26日号

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

区内2小学校で該当

不適合ブロック塀

区内2小学校で該当

7月19日号

俣野町で約20年ぶり公開

地元題材の大型絵本

俣野町で約20年ぶり公開

7月12日号

地域での介護予防に一役

区内の21グループ

地域での介護予防に一役

7月12日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「心のこもった芝居」続ける

区内の「劇団年輪」

「心のこもった芝居」続ける

8月5日 公会堂で公演

8月5日~8月5日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 「きょうは漢方の話」

    仁天堂薬局のコラム

    「きょうは漢方の話」

    【4】夏風邪は胃腸の手当を

    7月26日号

  • 男のおしゃれ学

    第210回

    男のおしゃれ学

    「チカンやセクハラに遭わない服装」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    7月19日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク