戸塚区版 掲載号:2013年10月31日号
  • googleplus
  • LINE

養護老人ホーム横浜市名瀬ホームの支援員として「第21回神奈川県介護賞」を受賞した 牧野 ついこさん 泉区在住 55歳

「人のため」が自分のために

 ○…22年間にわたり横浜市名瀬ホームで支援員として介護職に携わり続けたことが評価され、10月17日に県から表彰を受けた。「スタッフの協力があってこそ。自分一人ではできない」と感謝する。ホームは365日、24時間稼働。自身の仕事も日勤、夜勤とあり時間は不規則だが、「入所者とここで生活するのが好き。一人ひとりを理解していくと親しみが湧いて、離れがたくなる」と明るく話す。

 ○…前職は民間企業の総務職。「多くの人と関われたけれど、事務職以外で打ち込める仕事に就きたかった」。30歳のときに退職し、職業訓練校で介護職を体験。福祉の道に進むことを決意した。横浜市の採用試験に合格し、名瀬ホームに配属された。仕事は入浴や食事、排せつの介助など、入所者のすべてのケアにわたる。「体力を要するので、自分のケアも同時に大切。自分が動けなくなると周りに迷惑がかかってしまうから」。チームワークが現場には欠かせないという。

 ○…沖縄県の伝統的な染色技法の一つ、「紅型染め」に20代のころから夢中。休日は作品づくりに専念し、これまで日傘やバッグなど製作。「最近は夏の着物を作ったんです」と嬉しそうに語る。「一つ一つに時間はかかるけれど、それが面白い」。完成までの作業過程にこそ、喜びを見い出す。

 ○…「人のためにだけ動いているのではない。いろいろ体験してみることが勉強になって、自分のためにもなる」と最近よく思う。「辛い」と感じたことも、「客観的にそれを見ることで、辛く感じなくなった。それに楽しいことがあるから仕事も頑張れる」と常に前向き。入所者は自身にとって人生の大先輩だという。「それぞれの人生観を沢山教わることができた。私は皆さんが平穏な生活を送れるようにサポートしていく」。目標は仕事をずっと続けていくことだ。「人と接するのが好き。疲れてしまっても、『また来よう』って気持ちになれるんです」

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

初音丘学園

幼稚園教育は「人生100年時代」における第一歩です。

http://hatsunegaoka.ed.jp/

ウィッグでがん患者さまを応援!

明和企画は、ストレスフリーなウィッグ「ブリリアントブリーズ」を紹介しています

https://www.meiwa-kikaku.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6件

石田 隆さん

横浜市管工事協同組合の理事長に就任した

石田 隆さん

7月26日号

土井 芳枝さん

オリジナルのデコパージュ作品の展示会を開催している

土井 芳枝さん

7月19日号

原田 輝夫さん

7月22日にミニライブを行う、「尺八遊吹(ゆうふ)く会」代表の

原田 輝夫さん

7月12日号

相澤 稔さん

戸塚区連合町内会自治会連絡会会長に就任した

相澤 稔さん

7月5日号

高見 泰地さん

将棋の第3期叡王戦(ドワンゴ主催)で初タイトルを手にした

高見 泰地さん

6月28日号

三根 政信さん

自身が作詞作曲、振りつけをした「遊び歌」を歌うイベントを開催する

三根 政信さん

6月21日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「心のこもった芝居」続ける

区内の「劇団年輪」

「心のこもった芝居」続ける

8月5日 公会堂で公演

8月5日~8月5日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 「きょうは漢方の話」

    仁天堂薬局のコラム

    「きょうは漢方の話」

    【4】夏風邪は胃腸の手当を

    7月26日号

  • 男のおしゃれ学

    第210回

    男のおしゃれ学

    「チカンやセクハラに遭わない服装」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    7月19日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク