戸塚区版 掲載号:2014年2月6日号 エリアトップへ

戸塚駅西口第3地区 市有地活用に意見募集 市が事業方針(案)

掲載号:2014年2月6日号

  • LINE
  • hatena
地域の活性に期待がかかる
地域の活性に期待がかかる

 横浜市は戸塚駅西口第3地区市有地の有効活用についての事業方針(案)を示し、2月28日までを期間として意見を募っている。事業方針(案)は地元代表者を中心とした検討会議の提言や、事業者等から得た提案を踏まえた内容。市は「戸塚全体が活性する利用につなげたい」としている。

 対象となる市有地は旧バスセンター約1420平方メートル(写真(A))と、その横敷地約280平方メートル(写真(B))、暫定駐輪場敷地約840平方メートル(写真(C)辺り)の3箇所で、売却、定期借地など事業方式は未定。

 2012年度には地元町内会や商店会の代表者、有識者からなる検討会議により、若者・子育て世代を呼び込む機能を重視することや、低層部接地階は路面型の店舗形式を踏襲すること、施設内の取組みを地区全体の活性化に波及させることといった内容の同市有地活用に関する提言書が出された。

 提言を踏まえ市は昨年8月、事業者・団体との対話を実施した。対話には15事業者・団体が参加し、保育所等の子育て支援施設や遊び場スペースのほか、ファミリーレストラン、ドラッグストア、家電量販店等の提案があった。

 対話を経てまとめられたのが事業方針(案)。写真(A)(B)(C)の一体的な活用を原則とし、全ての条件を満たす事業者を公募するとしている。主な条件は【1】低層部は路面型店舗。若者や子育て世代を呼び込む機能を重視した商業施設とすること【2】高層部にも若者や子育て世代を呼び込む機能の導入に努めること【3】交流・コミュニティスペースを100平方メートル以上設置し、利用者同士や道行く人との間に活気あるコミュニケーションを生み出す運営方法を提案すること【4】住宅等の居住機能を含む場合は、人の流れを確保するなどの更なる地域貢献及び公共貢献の提案を行うこと――など。

 市は区民らからの意見を集約した上で14年度中に事業方針を決定し、公募を行う考え。

 意見の提出は市都市整備局市街地整備推進課(【電話】045・671・3799)のホームページからや広報よこはま(区版)2月号のアンケート用紙で行う。

 市では「限られた土地ではあるが、(同地区は)重要な場所。地元が賑わい、戸塚全体の活性につながる提案をしていただきたい」と期待を寄せている。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

大阪の美術展で知事賞

平戸依田さん

大阪の美術展で知事賞 文化

195人の中で最優秀

10月21日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月21日号

自転車競技の大会で活躍

東俣野小松浦君

自転車競技の大会で活躍 スポーツ

LA五輪出場狙う

10月14日号

市、バス維持への意見募る

区南西部路線

市、バス維持への意見募る 社会

運行効率化図る

10月14日号

切断障害者 遠藤氏を支援

区内商店主ら

切断障害者 遠藤氏を支援 スポーツ

W杯(サッカーワールドカップ)見据え練習に協力

10月7日号

「ベイジュニ」に選出

戸塚小河内君

「ベイジュニ」に選出 スポーツ

950人の中から区内唯一

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新 社会

  • 9月2日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook