戸塚区版 掲載号:2014年2月27日号 エリアトップへ

音楽療法士として高齢者を対象に講座などを行っている 高橋 亮太郎さん 秋葉町在住 48歳

掲載号:2014年2月27日号

  • LINE
  • hatena

音楽という薬で元気に

 ○…「音楽療法士」として起業し、今年で5年目を迎える。認知度は決して高くないが、地域ケアプラザや介護施設、地域の町内会館などで、健康になりたい高齢者や認知症患者らを音楽の力で癒す。青春時代にはやった歌や懐かしの唱歌など、参加者にとってのソウルソングを使うことを重視し、キーやテンポは参加者の調子に合わせる。主催者がやりたい曲と参加者が聞きたい曲は違うことが多いからだ。「本人が楽しくなければ継続はできないので」

 ○…音楽療法という言葉を知ったのは約10年前。活動を始めてしばらくはデイサービスの職員として働き、利用者に向け、療法を行ってきた。重度の認知症でも好きな音楽が流れれば自然と体が動くのだという。利用者が楽しげに過ごすようになったある時、同僚に「他の施設はもっと沈んでいる」と聞かされた。「あちこちでやってあげたい」。その思いから会社を設立した。有料サービスはすぐには受け入れられなかったが、ワンコインのうたごえ倶楽部から始まり、今では栄区役所での連続講座、地域の老人会など、徐々に活動の幅は広がっている。

 ○…サッカーが好きで、横浜フリューゲルスの追っかけをやっていた時期もある。今でも雑誌に夢中になって電車から降り損ねたり、面白い試合やW杯は深夜でもつい見てしまったりと熱は冷めきらない。地域の歴史を調べることも好きで、その知識は現在の活動で高齢者と話すときの話題としても活用している。「話すのは旅行会社で働いていた時に鍛えられましたから」。

 ○…声を出し、耳で聞き、手を動かし、歌詞を読み、さまざまな感覚を使うことで脳も活性化する。「好きな音楽を楽しむことは、ある時は興奮剤に、ある時は鎮静剤になる」。今年からは言葉の発達が遅れている子どものために、発語音楽療法もスタートさせる。音楽という「薬」で人々の心と体を元気にするため、また新たな一歩を踏み出す。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

塚本 雄貴さん

B3リーグのプロバスケットボールクラブ「横浜エクセレンス」に今季から加入した

塚本 雄貴さん

平戸町在住 24歳

9月16日号

小貫 和也さん

定年後から作家として活動する

小貫 和也さん

汲沢在住 82歳

9月2日号

田雑 由紀乃さん

戸塚区に本部を構える(公財)横浜市男女共同参画推進協会の理事長を務める

田雑 由紀乃さん

中区在住 62歳

8月26日号

松永 美穂さん

10周年を迎えた女子ラグビーチーム「YOKOHAMA TKM」の主将を務める

松永 美穂さん

都筑区在住 28歳

8月19日号

渡邉 勉さん

「腹話術の会きずな」横浜戸塚支部を開設、8月22日に初心者向け講座を行う

渡邉 勉さん

名瀬町在住 70歳

8月12日号

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

歌手デビュー50周年を迎える

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

 65歳

8月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月2日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • とつか歴史探訪

    とつか歴史探訪

    ■〜旧東海道・戸塚宿を訪ねる〜第68話 〜戸塚にある行基の足跡〜

    9月9日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook