戸塚区版 掲載号:2014年4月17日号 エリアトップへ

横浜型地域貢献企業 区内2社が新規認定

社会

掲載号:2014年4月17日号

  • LINE
  • hatena
長野代表取締役(右)と武田代表取締役
長野代表取締役(右)と武田代表取締役

 地域を意識した経営や、地域貢献の視点で社会的活動などに取り組む企業が認定される「横浜型地域貢献企業」。2013年度後期には新たに35社が認定され、認定企業は計287社となった。戸塚区からは(株)長野工務店(小雀町、長野真行代表取締役)、幸和建設工業(株)(東俣野町、武田幸光代表取締役)の2社が認定を受け、3月24日に横浜市副市長から認定証が授与された。

(株)長野工務店

 土木工事や水道、太陽光事業などを手掛ける同社は、今年で創業100年という節目を迎えた。朝礼前に同社周辺の公道を全社員28人で1時間清掃する活動を月に4回行っているほか、犯罪の抑止や子どもの見守りなどのための青色防犯パトロールにも参加している。 定期的な活動だけでなく、2月の大雪の際には、バス停から同社裏手にある病院までの雪かきを実施したり、吸い殻などのごみを日常的に拾ったりもしているという。「近所の方からは『ごくろうさま』と声をかけられることもある」と相楽浩一部長は笑顔を見せる。認定を受け、長野代表取締役は「日ごろから地域への貢献活動を心掛けている。今後も活動を続けていけたら」と話していた。

幸和建設工業(株)

 土木業を営む会社として1984年に創業。12年程前からは住宅リフォームなど建設関係の仕事も手掛けるようになり、一般市民との関わりが増えた。そこで、企業や社員の雰囲気を知ってもらう機会として、自社の会議室を1時間500円で地域に開放している。「周辺に大勢が集まれる場が少なく、カルチャー教室や小学生の卒業パーティーなどにも利用されている」

 そのほか、仕事中に救急な場面に遭遇した際などの対応に、全社用車に救急キットを搭載。夜間の仕事もある従業員の労働環境も整備しようと、社内に仮眠室やシャワールームも設置した。「創業30年の業界では後発の会社。大切にしてきた社会や人との関わりを評価してもらえて嬉しい」と武田代表取締役は話していた。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6

色とりどりのバラが見頃

色とりどりのバラが見頃 文化

俣野公園で開花

5月13日号

May J.さんに決定

花博連絡協テーマソング

May J.さんに決定 文化

相鉄線3駅のBGMにも

5月13日号

道路損傷 LINEで通報

横浜市

道路損傷 LINEで通報 社会

市民投稿で迅速対応へ

5月13日号

決済アプリで消費喚起

神奈川県

決済アプリで消費喚起 社会

最大2割のポイント還元

5月13日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央 卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

5月13日号

脱炭素社会へ意見募る

脱炭素社会へ意見募る 政治

自民党がシンポジウム

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter