戸塚区版 掲載号:2014年4月17日号 エリアトップへ

スカーフ親善大使が決定 幅広い年代から4人

掲載号:2014年4月17日号

  • LINE
  • hatena
揃いの制服にスカーフをアレンジした大使たち
揃いの制服にスカーフをアレンジした大使たち

 横浜スカーフの魅力を市内外にPRする「横浜スカーフ親善大使」の3代目がこのほど決定した。

 今回選ばれたのは、写真左から佐々木春奈さん(30)、高橋由紀江さん(66)、小林優衣さん(19)、峯岸伊美さん(41)の4人。幅広い年代の人々にスカーフの魅力を伝えたいと、それぞれの年代から選ばれた。

 佐々木さん=港南区在住=はテレビで横浜スカーフの特集を見て、その素晴らしさに惹かれて応募した。高橋さん=栄区在住=は「シルクを愛用していた年代の代表として、改めて良さを伝えられたら」と話す。ファッション専門学校に通う小林さん=藤沢市在住=は「若い世代にスカーフの魅力を広めたい」と笑顔で語り、峯岸さん=港南区在住=は「自分もアレンジを学びながら、PRに尽力したい」と意気込みを話した。

 任期は1年間。4月27日には横浜赤レンガ倉庫で任命式が行われ、今後市内外のイベントなどで横浜スカーフの魅力を伝えていく。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6

「定期的な検診が重要」

戸塚区歯科医師会 小篠会長

「定期的な検診が重要」 社会

歯磨きの徹底も呼びかけ 

8月6日号

夏のイベントが満載

夏のイベントが満載 文化

俣野別邸庭園

8月6日号

「かかし」作りの参加者募る

「かかし」作りの参加者募る 文化

舞岡公園小谷戸の里 人気投票も

8月6日号

医療従事する選手を激励

ラグビー協会

医療従事する選手を激励 スポーツ

区内女子チームを支援

8月6日号

9割はネット広告から

市内通販トラブル

9割はネット広告から 経済

前年度から相談倍増

7月30日号

夏休みに「エコ活」を

小学4、5年生対象

夏休みに「エコ活」を 教育

植樹活動を間接支援

7月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月6日号

お問い合わせ

外部リンク