戸塚区版 掲載号:2014年4月24日号 エリアトップへ

横浜FCシーガルズ ホーム戸塚で始動 開幕戦に観客約200人

スポーツ

掲載号:2014年4月24日号

  • LINE
  • hatena
迫力あるプレーに歓声がわいた
迫力あるプレーに歓声がわいた

 昨年に活動拠点を横浜市に移転した女子サッカーの「横浜FCシーガルズ」は4月12日、ホームグラウンドの東戸塚フットボールパークで今季開幕戦を戦い、なでしこリーグ参入を見据えて関東女子リーグ2部の優勝をめざす初戦を栃木SCレディースに8対0で勝利した。

 日々の練習にも使用している品濃町の東戸塚フットボールパークを会場に行われた一戦。地元で初開催となった公式戦に、地域住民ら約200人の観客が駆けつけて声援を送った。

 J2リーグ横浜FCのサポーター歴8年で、昨年から女子の応援も始めたという保土ケ谷区在住の長井一人さんは、「技術もスピードもあり、パスまわしの上手さも魅力。これから成長していくクラブというおもしろさもある」。また、この日初めて試合を観戦したという近隣に住む肥田正男さんは「男子と違って、プレーにも女性らしい優しさがあるのがいい」と話していた。

 クラブの前身は1976年発足のサッカークラブ「横須賀シーガルズ」の女子チーム。その運営法人と一般社団法人横浜FCスポーツクラブが女子サッカーの普及などを目的に提携し、昨年2月に現在の名称に変更した。神奈川県1部リーグに所属した昨季は全勝優勝を果たし、今季から関東女子サッカーリーグ2部に昇格。3つ上のカテゴリーに位置する国内最高峰のなでしこリーグ参入をめざしている。

 アマチュア契約のため日中は働いている選手が多く、練習は夜から。亀田勝昭監督は「社会人との両立はきついが、すばらしい人間形成につながる」。また、ホームグラウンドでの初戦を終え、「戸塚出身や在住の選手も多い。地域に応援してもらえたらモチベーションもあがる。まだ知名度は低いが、見てもらえればおもしろさは分かってもらえる」と話していた。

 4月29日(火)午後3時半から、同グラウンドで前橋育英高校とのホーム2戦目が予定されている。問い合わせは亀田監督【携帯電話】090・3095・5974へ。

多くの地域住民らが観戦
多くの地域住民らが観戦

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

火災件数 市内ワースト2

戸塚消防署管内

火災件数 市内ワースト2 社会

前年比は最も増加

1月21日号

伝統文化存続に貢献

東俣野凧の会

伝統文化存続に貢献 文化

近隣小学校で長年指導

1月21日号

ビール作りに支援集まる

市大・木原生物学研究所

ビール作りに支援集まる 教育

春と秋の販売目指す

1月14日号

コロナうつ「工夫し解消を」

区内精神科病院院長

コロナうつ「工夫し解消を」 社会

外出自粛時の心構え語る

1月14日号

区内2,876人が門出

成人式

区内2,876人が門出 社会

密避け、2会場で分散開催

1月7日号

コロナ支援策を推進

吉泉戸塚区長

コロナ支援策を推進 社会

「一人ひとりを守りたい」

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

リモートで戸塚の天体観測

【Web限定記事】横浜の星空さんぽ解説

リモートで戸塚の天体観測

2月13日・20日 踊場地区センター主催

2月13日~2月20日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク