戸塚区版 掲載号:2014年5月1日号 エリアトップへ

戸塚消防署長として安心・安全な街づくりに尽力する 坂本 浩さん 泉区在住 53歳

掲載号:2014年5月1日号

  • LINE
  • hatena

守る力を高めるのも役割

 ○…4月1日に戸塚消防署に着任。満開の桜と花見客で賑わいを見せる柏尾川の戸塚桜まつりにも足を運んだ。ドリームランドがあったころに区内(深谷町)に住んでいたことがあるというが、当時からは20年以上の時が経った。駅周辺の再開発が進み、生まれ変わった戸塚の姿に驚いた様子を見せる。一方で「戸塚区は歴史や自然も多い。これからを楽しみにしている」と期待を口にした。

 ○…消防局の総務課長、港北消防署での初めての署長職を経て、戸塚消防署へ。着任後、2町内会が5年ぶりに無火災で表彰を受けたり、人命救助や初期消火による感謝状の贈呈が行われたりと、立て続けに区民の活躍に触れる機会があった。面積が市内最大の戸塚区では、管轄地域が広いため、各地区の消防団や区との連携を密にし、フットワークよく区民の安全・安心を守ることが大切と考える。そのためには「職員一人ひとりの力を高めることで、チーム力を高め、区民に信頼される消防署に」と語るまっすぐな目からは熱い思いが感じられる。

 ○…体を動かすことが好きで、署長になった今も休日もジムに通い、トレーニングに励んだり、ゴルフやスキーなどのスポーツを楽しんだりしている。消防の現場では自分自身のためではなく、人を助け、守るための体力が必要となる。「若い職員と一緒にいい汗を流して働けたら」とさわやかな笑顔を見せる。

 ○…火災で最も多い原因は放火。火災の被害が少ない「放火させない、されない街」は消防団が訓練を行っている、住民の目が行き届いているなど、防災・減災への関心の高さによるものという。人や街を守るには公助だけでなく「自助・共助」も重要となる。そのために地域住民への情報発信をこれまで以上に行いたいと話す。災害が起きてから助けるだけではなく、防災・減災の力を高め、街を守ることも役割の一つ。その思いを胸に職務に臨む。
 

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

金塚 多佳子さん

スペイン・サンティアゴ巡礼の旅をサポートするNPO法人の代表理事を務める

金塚 多佳子さん

矢部町在住 69歳

1月21日号

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

都筑区在勤 39歳

1月14日号

山口 幸文さん

区内の土を使い、作品作りや陶芸教室を行う

山口 幸文さん

戸塚町在住 69歳

1月7日号

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月1日号

白川 優希さん

12月22日に区民文化センターで無料の単独コンサートを開催する

白川 優希さん

品濃町在住 27歳

12月17日号

塚田 幹夫さん

初めてオンライン開催を行う「とつかお結び広場」の代表を務める

塚田 幹夫さん

秋葉町在住 70歳

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

リモートで戸塚の天体観測

【Web限定記事】横浜の星空さんぽ解説

リモートで戸塚の天体観測

2月13日・20日 踊場地区センター主催

2月13日~2月20日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク