戸塚区版 掲載号:2014年5月22日号 エリアトップへ

市政報告 臨時給付金の専用ダイヤル開設 横浜市会議員 中島光徳

掲載号:2014年5月22日号

  • LINE
  • hatena

 4月から8%に引き上げられた消費税。消費税には所得が低いほど影響が大きくなる「逆進性」があるため、公明党では、負担を軽減する施策として「臨時福祉給付金」、さらに子育て世帯に対する支援策が必要だと一貫して主張、これを受けて「子育て世帯臨時特例給付金」は実現しました。横浜市でも合計約112億円が予算に計上されました。支給対象者は合わせて約84万人と推計されています。申請の受付は7月中旬から、支給開始は8月以降の予定です。

 給付金についての案内は今後『広報よこはま』などに掲載され、対象と思われる方に案内が送付される予定ですが、概要をご紹介いたします。

支給金額と支給対象者

 「臨時福祉給付金」は、平成26年1月1日時点で住民基本台帳に登録しており、26年度市民税(均等割)が課税されていない人1人につき1万円が支給されます。基礎年金受給者等には5000円が加算されます。市町村民税(均等割)が課税されている方の扶養家族等は対象外です。

 「子育て世帯臨時特例給付金」は、26年1月分の児童手当(特例給付を含む)を受給しており、前年の所得が児童手当の所得制限額に満たない世帯の児童1人につき1万円が支給されます。

 重複して受給はできず、両方とも対象となる場合は臨時福祉給付金のみ支給されます。生活保護等の受給者は別途支援策があるため、ともに対象外です。

疑問に答えるコールセンター

 横浜市では両給付金に関する疑問に対応する、専用のコールセンターを5月8日に設置しました。フリーダイヤルで、外国語(英語・中国語・韓国語)にも対応。設置期間は27年2月28日までです。番号は【フリーダイヤル】0120・400・575(午前9時〜午後6時、休日・年末年始も実施)。携帯電話等からも通話可能です。

横浜市会議員 中島光徳

神奈川県横浜市戸塚区原宿4丁目13-12

FAX:045-410-6307

http://nakajima-mitsunori.com/

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

ひとり親の養育費確保支援を

県政報告

ひとり親の養育費確保支援を

神奈川県議会議員 そがべ久美子

12月12日号

障害者も共に遊べる都市公園に

県政報告 71

障害者も共に遊べる都市公園に

神奈川県議会議員 北井宏昭

12月5日号

すべての「個性」を育む教育態勢へ

県政報告 70

すべての「個性」を育む教育態勢へ

神奈川県議会議員 北井宏昭

11月28日号

多様な視点で市民生活を支援!

皆様の声をカタチに! 市政報告

多様な視点で市民生活を支援!

横浜市会議員 中島みつのり

11月21日号

横浜マラソンで夢を叶えました!

横浜市会報告

横浜マラソンで夢を叶えました!

横浜市会議員 鈴木太郎

11月14日号

台風の被災者に寄り添う支援を

元ワーキングママがゆく 31

台風の被災者に寄り添う支援を

横浜市会議員 伏見ゆきえ

11月7日号

財政論無き超高齢社会対策は無策

県政報告 69

財政論無き超高齢社会対策は無策

神奈川県議会議員 北井宏昭

10月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク