戸塚区版 掲載号:2014年8月21日号 エリアトップへ

戸塚区食品衛生協会の会長を務める 斎藤 正二さん 柏尾町在住 79歳

掲載号:2014年8月21日号

  • LINE
  • hatena

いつの時代も食の安全を

 ○…17年前に戸塚区食品衛生協会の会長に就任。同会には、区内の食肉・飲食・酒販など13業種の組合会員350人以上のほか、大手食品関連工場や個人も賛助会員として所属している。「自分たちの店の衛生管理は自分たちで。自ら責任を持とう」という理念の元、食の安心・安全のために尽力する。8月1日には食中毒予防キャンペーンを実施するなど、消費者に向けたイベントを行ったばかり。

 ○…戦前から続く食肉店に生まれ、中学生のころから父の仕事を手伝っていた。「当時は肉を食べる文化が根付いていなくて、店のほかに農業もやっていた」と振り返る。20歳になるころに2代目として父の跡を継ぎ、現在は柏尾町と戸塚駅前に店を構える(有)斎藤牛肉店の代表を務める。「本当に良い肉か。お客さんに喜んでもらえるか――」。もう少しで傘寿を迎えるが、今も毎日市場に足を運び、ライトを手に、自身の目で肉を見極めている。

 ○…小学1〜5年の時は戦争中で「勉強する間もなかった」。川上国民学校(現・川上小)に歩いて通っていたが、空襲のため登校してすぐに帰ることもあった。「遊べるような感じじゃなかったね。でもこの辺りは自然がいっぱいでよかったよ」と懐かしそうに振り返る。若いころはゴルフと釣りが趣味だったが、それも「もう卒業」。現在は自宅で読書などをしてゆっくり過ごすことが多いという。

 ○…「流通やお客さんの考え方も変わってきている」と現社会を分析する。自身が業務でかかわっている食肉に関しても、市の検査所が行う検査もBSE(牛海綿状脳症)や放射性物質など、食品に関する問題が起きるにつれ、少しずつ項目も増えてきているという。消費者の食への意識が高くなってきているからこそ、「引っかかるものがずっと0でも(検査を)続けなければいけない」。時代は変わっても、食の安全への思いはいつまでも変わることはない。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

中原 千晶さん

NPO法人こもれびroom理事としてとっとの芽「産前産後カフェ」の講師を務める

中原 千晶さん

戸塚町在住 44歳

9月23日号

塚本 雄貴さん

B3リーグのプロバスケットボールクラブ「横浜エクセレンス」に今季から加入した

塚本 雄貴さん

平戸町在住 24歳

9月16日号

小貫 和也さん

定年後から作家として活動する

小貫 和也さん

汲沢在住 82歳

9月2日号

田雑 由紀乃さん

戸塚区に本部を構える(公財)横浜市男女共同参画推進協会の理事長を務める

田雑 由紀乃さん

中区在住 62歳

8月26日号

松永 美穂さん

10周年を迎えた女子ラグビーチーム「YOKOHAMA TKM」の主将を務める

松永 美穂さん

都筑区在住 28歳

8月19日号

渡邉 勉さん

「腹話術の会きずな」横浜戸塚支部を開設、8月22日に初心者向け講座を行う

渡邉 勉さん

名瀬町在住 70歳

8月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月2日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook