戸塚区版 掲載号:2014年8月28日号 エリアトップへ

戸塚消防署 有毒物質の災害訓練 市内唯一の除染用車両も

社会

掲載号:2014年8月28日号

  • LINE
  • hatena
化学防護服を着用し、救出に向かう隊員
化学防護服を着用し、救出に向かう隊員

 関東大震災をきっかけに制定された「防災の日(9月1日)」。戸塚消防署(坂本浩署長)では有毒物質などによるNBC災害(※)を想定した連携活動訓練を8月6日、深谷町の横浜市消防訓練センターで実施した。

 今回は遊技場内に有毒物質がまかれたという想定のもと、特殊災害対応隊、消防隊、大型除染隊など、役割の異なる部隊が連携し、救助活動をする訓練が行われた。戸塚署の鳥が丘消防出張所には市内で唯一、国内でも十数台という特殊車両「大型除染システム搭載車」が2012年から配置されている。訓練では、同車両に積載された化学防護服、除染用のテント、シャワーなどが使用された。

 化学防護服を着用した隊員4人は、まず現場の有毒物質がどのような成分であるかを検知器で確認。その後、倒れている要救助者に防毒マスクを付け、担架で安全な場所へ移動させた。防護服内に空気を送るボンベは20〜25分程度で切れてしまうため、迅速な行動が求められるという。救助後、除染が必要と判断された場合は、テント内でシャワーによる除染を行う。歩行できない状態の人でも横になったまま除染が可能だ。テント内は仕切られているが、よりプライバシーに配慮できる形も検討している。

 同出張所の菅野剛所長によると、同様の訓練は20年前に発生したサリン事件を機に国内で始まった。生物兵器によるテロや工場事故などでの化学物質の飛散、火事による一酸化炭素中毒などが想定されるという。区内や近隣地域には原子力発電所はないが、放射性物質を運搬する車両が事故を起こし、物質が流出したなどの場合にも出動する。

※NBC災害……放射性物質などの核(nuclear)、O157などの生物(biological)、サリンなどの化学物質(chemical)による特殊災害のこと。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6

不変の物流で事業拡大

久保田 守社長 安全輸送(株)

不変の物流で事業拡大

7月29日号

改定で浸水想定約5倍に

横浜市内水(ないすい)ハザードマップ

改定で浸水想定約5倍に 社会

下水道の排水に限界も

7月29日号

水泳バタフライで躍動

上矢部町水口さん

水泳バタフライで躍動 スポーツ

五輪挑戦の舞台で8位

7月29日号

リモート天体観測講座

小学生向け

リモート天体観測講座 教育

踊場と舞岡の2施設で

7月29日号

介護予防で「メルカリ」学ぶ

舞岡柏尾ケアプラ

介護予防で「メルカリ」学ぶ 社会

高齢者施設では全国初

7月29日号

読者からの俳句募集

読者からの俳句募集 文化

本紙で新コーナー

7月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • とつか歴史探訪

    とつか歴史探訪

    ■〜旧東海道・戸塚宿を訪ねる〜第65話 〜旅は命がけ・通行手形〜

    7月22日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter