戸塚区版 掲載号:2014年10月16日号 エリアトップへ

上矢部町の諸星さん 「命の尊さ伝えたい」 裁縫技術で夫の一周忌展

文化

掲載号:2014年10月16日号

  • LINE
  • hatena
形見をリメイクした品と諸星さん
形見をリメイクした品と諸星さん

 上矢部町在住の諸星流美子さん(55)は、くも膜下出血で倒れ、3年間の闘病生活の末に昨年亡くなった夫の数々の形見の品から裁縫技術を生かした作品をつくり、10月18日(土)〜21日(火)に鎌倉のギャラリーで一周忌展を開く。「命の尊さ、家族の大切さを伝えられたら」

 スーツから地蔵、上着からはロバ、ほかにも介護生活で使用したタオルケットやバッグなど――。

 一周忌展では、夫が身に着けていたものを、裁縫技術でかたちを変えた作品約20点が展示される。亡くなった時に着ていたパジャマとワイシャツから作った象には「永遠の眠りについたつーさん」と名付けた。「つーさん」は夫の呼び名だ。

 夫がくも膜下出血で倒れたのは4年前。手術後には重度の障害が残り、口をきけない状態となった。

 「病院にいても、自宅のリビングにいるのと同じように過ごしてほしい」と、普段着ていたワイシャツやパジャマからタオルケットやぬいぐるみをつくった。娘と二人三脚の介護では誕生日会やクリスマス会は欠かさず企画。夫は次第に、笑い、体が反応するようになったという。諸星さんは希望を捨てず「楽しんで介護していた。何年でも一緒に過ごしたかった」と3年間の介護生活を振り返った。

 諸星さんは言う。「ご主人が急にそういう状態になったら絶望する人も多いかもしれないけど、それでも大切な人」

 約20年前から自宅で「お針教室」を主宰している諸星さん。「遺品から家族の思い出の品をつくりたい」といった依頼も受け付けている。

 一周忌展の開催時間は午前10時〜午後4時。場所は鎌倉妙本寺山門内「KAYAギャラリー」(鎌倉駅徒歩約8分)。問い合わせは諸星さん【電話】045・812・8943へ。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

児童600人に演技披露へ

戸塚町元五輪体操選手

児童600人に演技披露へ 教育

「夢に向かう大切さ」伝える

12月2日号

人権作文、市大会で優秀賞

秋葉中日向野さん

人権作文、市大会で優秀賞 教育

妹の障害通じ「可能性」探る

12月2日号

高齢者の口腔内乾燥 研究

横浜薬科大田口准教授ら

高齢者の口腔内乾燥 研究 社会

学術大会で最優秀賞

11月25日号

上瀬谷新交通に参画せず

シーサイドライン

上瀬谷新交通に参画せず 社会

開業の見通し不透明に

11月25日号

ロードレースで全国優勝

南舞岡山本さん

ロードレースで全国優勝 スポーツ

自転車競技で50代トップ

11月18日号

依存症対策の計画策定

横浜市

依存症対策の計画策定 文化

横の連携で早期支援へ

11月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月28日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook