戸塚区版 掲載号:2014年10月30日号 エリアトップへ

横浜FCシーガルズ 関東2部 後期リーグ全勝 パスサッカーで次舞台へ

スポーツ

掲載号:2014年10月30日号

  • LINE
  • hatena
ファンと喜びを分かち合う
ファンと喜びを分かち合う

 戸塚区を拠点とする女子サッカーの横浜FCシーガルズは10月18日、関東女子サッカーリーグ2部の最終戦で国士舘大学を2対1で下し、後期リーグを全勝で終えた。リーグ優勝で同1部への昇格を決めたが、クラブは日本女子サッカーの3部に相当するプレナスチャレンジリーグへの参入戦に出場するため、その結果次第で来季戦う舞台が決まる。

 国内最高峰のなでしこリーグ参入をめざす同クラブ。関東女子サッカーリーグ2部を戦った今季は前期リーグを6勝1敗、後期リーグを7戦全勝とし、同リーグを制した。

 クラブが掲げるのは「華麗で優雅なパスサッカー」。田中景子キャプテン(28)は「パスの精度を欠き苦しい試合もあった」と振り返るが、結果として前後期を通じ得点61、失点7と他を圧倒した。

 なでしこリーグ経験者らを補強して臨んだ今季。若い選手が次第に成長したこともあり、選手層の厚さにつながったという。それが後期全勝というかたちで表れた。特に前期5試合目に敗戦した後はチームがまとまり、9連勝を記録した。

11月2日から参入戦

 同クラブのプレナスチャレンジリーグへの参入チーム決定戦は11月に始まる。全9チームが出場し3チームずつ3組に分かれ、上位2チームは自動昇格。各3位のチームは総当たり戦を経て、入れ替え戦への進出チームが決定する。

 参入戦は静岡県裾野市で行われ、同クラブは2日(日)に新潟医療福祉大学女子サッカー部と、3日(月)に益城ルネサンス熊本フットボールクラブと対戦する。両試合とも午前10時キックオフ。

 プレナスチャレンジリーグへの参入が決まれば、その後プレナスなでしこリーグ2部、同1部をめざすことになる。

 「必死なプレーから得るものを見出していただきたい」(亀田勝昭監督)、「気軽に声をかけてもらえる関係を築きたい」(田中キャプテン)、「試合を見てもらえるようなサッカーを」(山本絵美選手兼コーチ)、「楽しかったと言ってもらえるように」(吉田瑞季選手)。監督や選手は、それぞれの表現で区民に今後の試合観戦を呼びかけた。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

自転車競技の大会で活躍

東俣野小松浦君

自転車競技の大会で活躍 スポーツ

LA五輪出場狙う

10月14日号

市、バス維持への意見募る

区南西部路線

市、バス維持への意見募る 社会

運行効率化図る

10月14日号

切断障害者 遠藤氏を支援

区内商店主ら

切断障害者 遠藤氏を支援 スポーツ

W杯(サッカーワールドカップ)見据え練習に協力

10月7日号

「ベイジュニ」に選出

戸塚小河内君

「ベイジュニ」に選出 スポーツ

950人の中から区内唯一

10月7日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

9月30日号

管理用通路 市が再整備へ

芙蓉橋から宇田川橋左岸

管理用通路 市が再整備へ 社会

地域住民の願い前進

9月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新 社会

  • 9月2日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

舞岡の粘土使用の陶器市

舞岡の粘土使用の陶器市

10月30日、31日 かねこふぁ〜む

10月22日~10月22日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook