戸塚区版 掲載号:2014年12月25日号 エリアトップへ

横浜医療センターで2年間、刺しゅう額絵を展示している 竹澤 清子さん 深谷町在住 82歳

掲載号:2014年12月25日号

  • LINE
  • hatena

感謝の心が背中を押す

 ○…横浜医療センターで刺しゅう額絵を展示して2年、毎月新しい額絵を届ける。きめ細やかで繊細な技術が認められ3年目も依頼を受けた。1つの作品が完成するのに1カ月のものや1年を要するものもある。戸塚地区センター、大正地区センター、港南地区センターに約40人の生徒を抱え、生徒がスムーズに授業が行えるよう下準備を丁寧にする。また、介護老人保健施設うららにデイサービスの刺しゅうの講師として通う。「皆の個性を生かしてそれぞれのペースで楽しんでいる」と楽しそう。現在は来年の4月16日から22日に港南区のひまわりの郷で開かれる、第6回クロスステッチ刺しゅう作品展に向け準備中。

 ○…若いころは祖父母の介護に追われる毎日。当時、家に風呂はなく共同の風呂に連れていく必要があった。我が子の乳幼児食、普通食、介護食と3種の食事などを作り「それは大変な毎日だった」と振り返る。その後は介護した経験を生かしホームヘルパーに。さらにPTAの副会長、ミニバスケット連盟の戸塚区・横浜市・神奈川県の会長を務めたりと、バイタリティー溢れる生活を送る。「私いろいろとやっていたのよ」と照れ大笑い。

 ○…プライベートでは主に料理をしている事が多いそう。「主人が外食が好きではないから」と3食を作ることが日常だ。得意料理は五目御飯。漬物もよく作る。他にも音楽鑑賞を趣味として、自宅で刺しゅうをするときは音楽を聴きながら、作業をする。「より集中できる」と普段の優しい目から職人の目に変わる。

 ○…「営利目的でなく、ボランティアの精神で刺しゅうを教えたい。お金は天下の回りものだから」とその胸中を明かす。刺しゅうを続けてこられたのはフランスに行った時に自分の作品が認められた事と、これまでかかわってきた人への感謝の気持ち。その思いが今もなお、自身を前へと突き動かしている。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

金塚 多佳子さん

スペイン・サンティアゴ巡礼の旅をサポートするNPO法人の代表理事を務める

金塚 多佳子さん

矢部町在住 69歳

1月21日号

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

都筑区在勤 39歳

1月14日号

山口 幸文さん

区内の土を使い、作品作りや陶芸教室を行う

山口 幸文さん

戸塚町在住 69歳

1月7日号

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月1日号

白川 優希さん

12月22日に区民文化センターで無料の単独コンサートを開催する

白川 優希さん

品濃町在住 27歳

12月17日号

塚田 幹夫さん

初めてオンライン開催を行う「とつかお結び広場」の代表を務める

塚田 幹夫さん

秋葉町在住 70歳

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単ボトルオープナー作り

【 Web限定記事】手作り無料講座

簡単ボトルオープナー作り

1月23日、横浜市下倉田地域ケアプラザ

1月23日~1月23日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク