戸塚区版 掲載号:2015年3月12日号 エリアトップへ

被災地への支援を続けるアトリエハートインハンドの代表を務める 鈴木 ルミ子さん 戸塚町在住 48歳

掲載号:2015年3月12日号

  • LINE
  • hatena

思いよ届け、被災地へ

 ○…「2011年、被災地を訪れた時は想像を絶する光景を目の当たりにして深いショックに包まれた」。当時を思い出し顔を強張らせる。最初にボランティアとして訪れたのは震災が起きて間もなくの事だった。代表を務めるアトリエハートインハンドで刺繍の講師を務め、生徒を約30人抱える。自宅の一部屋を貸出し、ほかの講師を招いての授業も行う。そこで自ら作った刺繍の作品を売るなどした収入で被災地に支援をするほか、自ら被災地に出向いて紙バンド手芸を教えたり、手芸の道具を全国から募って被災地に届ける。「このような活動が(被災者の)心のよりどころになれば」とにっこりほほ笑む。

 ○…初めて被災地を訪れたのが2011年の4月。5月からは現地で東北支援アトリエハートインハンドを立ち上げて本格的な支援を始めた。小学校3年のころ、「昔から母が編み物をしており、その影響もあって自分も始めた」のが手芸との出会い。さらにミシンを買ってもらった事で、手芸に対する思いに拍車がかかった。その後、次第に手芸から離れていった時期もあったが、約20年前、姉の子に編み物を編んであげるうちに、思いが再燃。作品の写真が本に掲載される喜びも味わい、ますますのめり込んだ。

 ○…「趣味は仕事」と笑うが、音楽を聴くことも大好きだ。小田和正さんのライブに行ったりすると元気をもらえるそう。好きな言葉は「適当」。適度に力を抜いて、無理をしない程度にがんばる事をモットーにしている。それ以外にも「夢を持つことで希望を見出す」事も大切にしている。

 ○…講師を務めていて大変なことは、「常に高い意識をもって生徒たちの立場になって考えて、教える事」。今後も自ら売り込みにいくのではなく「周囲の共感してくださった方が自然と集まって協力してくれた」という、これまで通りに支援を行う。思いは高く、届け被災地へ。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

中原 千晶さん

NPO法人こもれびroom理事としてとっとの芽「産前産後カフェ」の講師を務める

中原 千晶さん

戸塚町在住 44歳

9月23日号

塚本 雄貴さん

B3リーグのプロバスケットボールクラブ「横浜エクセレンス」に今季から加入した

塚本 雄貴さん

平戸町在住 24歳

9月16日号

小貫 和也さん

定年後から作家として活動する

小貫 和也さん

汲沢在住 82歳

9月2日号

田雑 由紀乃さん

戸塚区に本部を構える(公財)横浜市男女共同参画推進協会の理事長を務める

田雑 由紀乃さん

中区在住 62歳

8月26日号

松永 美穂さん

10周年を迎えた女子ラグビーチーム「YOKOHAMA TKM」の主将を務める

松永 美穂さん

都筑区在住 28歳

8月19日号

渡邉 勉さん

「腹話術の会きずな」横浜戸塚支部を開設、8月22日に初心者向け講座を行う

渡邉 勉さん

名瀬町在住 70歳

8月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月2日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook