戸塚区版 掲載号:2015年3月26日号 エリアトップへ

横浜市 女性再就職で相談窓口 出産・育児後をサポート

社会

掲載号:2015年3月26日号

  • LINE
  • hatena
相談に応じるカウンセラー
相談に応じるカウンセラー

 横浜市の男女共同参画推進協会は、結婚や出産などを理由に離職した女性の再就職を支援しようと、個別相談を受け付ける専用窓口を今月からオープンさせた。市が進める女性の活躍支援策の一つで、離職女性が抱える様々な不安に専門家がアドバイスを行っていく。

「働きたい」9割

 市が市内在住の女性932人を対象に昨年行った就業に関する意識調査では、出産・育児などを機に約7割の女性が仕事を離れている現状が明らかになった。うち、就業意欲のある人は92・6%と高い割合を占めたが、「すぐにでも働きたい・求職中」は9・8%、「現在抱えている不安や問題が解決されれば仕事に就きたい」が31・1%、「今すぐにではないが、いずれは働きたい」と考えている人が51・6%と、就労の意欲はあるが実際に行動できないでいる人の割合が高いことも明らかになった。

専門家が個別対応

 市はこの結果を受け、就労意欲のある人が抱える様々な悩みを共有し、行政が行う様々な就労支援に結び付けようと専用窓口「女性としごと応援デスク」を男女共同参画センター横浜北(横浜市あざみ野)に設置。キャリアコンサルタントの資格を持つ女性相談員3人が交替で個別相談を受け、アドバイスを行う。

 相談時間は約15分程だが、希望すれば予約制でさらにきめ細かい相談に対応するキャリアカウンセリング(40分)が受けられる。

 市民局男女共同参画推進課長の平沼英子さんは「調査で、家事との両立や様々な家庭の事情など多岐に渡り不安を感じられている人が多いことが分かった。そうした一つひとつの案件を把握し、解消へと結び付けていくことが女性の就労支援には必要だと感じている」と話している。

 女性の就労支援に詳しい関西学院大学ビジネススクールの大内章子准教授は「女性は悩みを内に抱えがち。まずは人に話すことで心の中を整理し、再就職に向け何が必要かを考えていくことが大切」と話す。

 市はこの窓口を女性の再就職支援の”玄関口”とし、就労意欲のある女性の再就職へと結び付けていきたい考え。今後はキャリア育成など他の事業とも連携しながら、総合的な女性支援を行っていきたいとしている。
 

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

極真空手国際大会で優勝

大正中1年保立君

極真空手国際大会で優勝 スポーツ

得意の上段蹴り決める

12月5日号

「稼げる」情報に落とし穴

「稼げる」情報に落とし穴 社会

5年で相談件数約10倍

12月5日号

「子どもSOSの本」 展示

戸塚図書館

「子どもSOSの本」 展示 社会

児童虐待防止の啓発活動

11月28日号

「SDGs(エスディージーズ)」の取組発信

区内の団体等紹介イベント

「SDGs(エスディージーズ)」の取組発信 文化

10周年で初の企画

11月28日号

全日本コンクールで「金」

川上小「特別合唱クラブ」

全日本コンクールで「金」 文化

鍛えた表現力届ける

11月21日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月21日号

脳梗塞経て「再び合気道を」

戸塚町在住吉田さん

脳梗塞経て「再び合気道を」 スポーツ

周囲の後押しで稽古励む

11月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ビッグバンドが登場

クリスマスコンサート

ビッグバンドが登場

7日 名瀬地域ケアプラ

12月7日~12月7日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク