戸塚区版 掲載号:2015年5月21日号 エリアトップへ

戸塚区民文化センターで作品展を開いている「石刻の会」の代表を務める 関 進さん 舞岡町在住 77歳

掲載号:2015年5月21日号

  • LINE
  • hatena

まっすぐ、深く、美しく

 ○…小さな直方体の石に、彫刻刀で模様を彫りこみ、単色で摺る「石刻」。約13年間、「石刻の会」は戸塚で活動を続け、25日まで開催中の作品展も今回で3回目になるという。仕事を引退した際に発足させた3つの講習会の一つが「石刻の会」だった。PTAに入っていた妻にすすめられて石刻を指導できる講師を探したことがきっかけだ。

 ○…現在会員は講師を含めた9人。細かい作業と集中することに長けた、個性的なメンバーで構成されている。石刻は本来、紀元前から培われてきた技術で、篆書(てんしょ)(漢字の一種)を石に彫るもの。「奥が深く、多くの勉強が必要な文化だけれど、作品を見た人が分からない文字を彫っても楽しくない。浅く広く近代的なものを彫っています」と話す。日本語にある漢字からベネチアンレースの模様、夏目漱石の肖像まで、メンバーは皆自由な発想で創作に励んでいるそうだ。

 ○…戸塚に引っ越してきたのは、50年ほど前。丸善株式会社に勤務し、東京に通うことが多かったため、戸塚は帰るための町だったという。その後、区内の地区センターで指導員として働くようになってから「戸塚は文化の中心地になり得る」と考えるようになった。イベントや写真展を企画した経験が、今も活動に生かされている。

 ○…座右の言葉は「一生稽古」、文化勲章を受章した青山杉雨氏の書からとのこと。面積の少ない石の地に細かく彫り続けていく作業は、精神力を使いひたすら自身との戦いだが、辛いと感じたことはなく、むしろ癒しにすらなっているそうだ。彫る数を重ねるほど、バランスのとれた線が描け、美しい作品に仕上がる。しかしその後のインクのつけ方、押し方次第で模様が大きく変わる、偶然がつくる芸術ともいえる。「(石刻を)戸塚文化の一つとして残していきたい。そのためにも展覧会では一人でも多くの方に興味を持ってほしい」と声に熱を込めた。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

剱持(けんもち) 京助さん

2020年度の会長として神奈川県弁護士会の舵を取る

剱持(けんもち) 京助さん

横浜市出身 58歳

8月6日号

入内嶋(いりうちじま) 周一さん

45周年を迎えた区内のアマチュア劇団「劇団年輪」の代表を務める

入内嶋(いりうちじま) 周一さん

泉区在住 65歳

7月30日号

今井 福子さん

児童書作家として活躍する

今井 福子さん

深谷町在住 69歳

7月23日号

鈴木 浩さん

横浜市幼稚園協会の会長に就任した

鈴木 浩さん

泉区在住 54歳

7月16日号

鈴木 進さん

戸塚消防団の団長に就任した

鈴木 進さん

上矢部町在住 70歳

7月9日号

渡辺 裕美さん

戸塚区役所3階地産地消直売コーナー出店者会の代表に就任した

渡辺 裕美さん

泉区在住 57歳

7月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月6日号

お問い合わせ

外部リンク