戸塚区版 掲載号:2015年5月28日号 エリアトップへ

ガチめん!汁もの篇 区内エントリー商品発表 4店が頂点目指す

社会

掲載号:2015年5月28日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市内商店街の麺類ナンバーワンを人気投票で決める「ガチめん!〜汁もの篇〜」のエントリー商品が順次発表されている。戸塚区内からは4店舗が参戦し、頂点を目指す。

 (一社)横浜市商店街総連合会が主催する「ガチ」シリーズ第5弾は、「ガチでうまい横浜の商店街めん類No.1決定戦」。麺類にはさまざまな種類があることから、今回は汁ものに絞り、エントリー商品はめんが汁(スープ)にひたひたに浸かった状態で供されるものに限定された。

 市内18区41商店街から54店舗がエントリーした。各店舗がラーメンや蕎麦、うどんなどの麺類メニュー1品を出し、ナンバーワンを競う。

 戸塚区内からは4店舗がエントリー。各店舗と商品をエントリーナンバー順に紹介する(価格は税込※提供時期は各店に確認を)

 麺酒処 ふくろう(戸塚町【電話】045・866・3550)の「追いはまぐり中華そば(塩)」(1180円)は、100%蛤スープに、さらに蛤を加えた追い仕立て。昆布と蛤だけから取ったスープには、細く少々平打ち、国産小麦100%の麺を合わせる。麺は自家製。

 麺や 幸村(戸塚町【電話】045・865・4477)の「焼煮干ラーメン」(850円)には、長時間煮込んだ豚骨スープに焼いた煮干しと昆布を一晩漬け込んだ専用スープを使用。旨味とほんのり苦味、昆布の甘味を味わえる一品には中細の縮れ麺を合わせる。

 tom tam茶房(戸塚町【電話】045・862・3858)からの出品は「カレーうどん」(900円)。独自のスパイスを使った一品は、同店でスパイシーカレーが人気だったことから生まれた。自然食にこだわった添加物のない食事を目指す同店ならでは。

 おこげとぎょうざ(戸塚町【電話】045・866・0343)の「ホット&クールおこげそば」(1080円)は、豚骨をベースにタレ風味をきかせたスープに、同店人気の自家製、無添加おこげをのせた冷たいラーメンだ。カレー風味でさっぱり。麺は特注の細麺。

投票は7月から

 投票期間は7月1日から8月31日。専用はがき、WEB、エントリーBOOK内専用フォームから投票でき、得票数順に金賞1点、銀賞3点、銅賞5点が決まる。各賞の発表は9月下旬の予定。ガチめん!に関する問い合わせは、市商連【電話】045・662・0874へ。詳細は公式HP【URL】http://shirumono.gachimen.com/

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

女性起業家250人輩出

上倉田町フォーラム

女性起業家250人輩出 経済

「たまご塾」が設立15周年

1月20日号

フラで自閉症理解 訴え

小雀町在住者主宰団体

フラで自閉症理解 訴え 社会

世界啓発デーにイベント

1月20日号

移動販売を本格始動

秋葉町内会

移動販売を本格始動 コミュニティ社会

住民の声から実現

1月13日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

「感染症対策 徹底を」

吉泉戸塚区長

「感染症対策 徹底を」 社会

にぎわい創出にも注力

1月6日号

3万6千人が門出

横浜市成人式

3万6千人が門出 社会

昨年に続き分散開催

1月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新 社会

  • 1月1日0:00更新

  • 12月16日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook