戸塚区版 掲載号:2015年6月4日号
  • LINE
  • hatena

横浜への観光客 最多に 外国人増が後押し

経済

 2014年中に横浜を訪れた観光客は3452万人、観光消費額は2771億円に上り、横浜市が調査を始めた09年以降で最高だったことが明らかになった。市はこの結果を受け、国内外の観光客に対するPRを強化している。

 これは市が横浜市観光動態消費動向調査を基に推計したもの。宿泊客は前年比18万人増の489万人、日帰り客は同300万人増の2963万人となった。また、市内10カ所の観光施設等で聞き取り調査をして算出した平均消費額をかけた観光消費額は同437億円増の2771億円となった。

 結果について市文化観光局観光振興課は、国による観光振興策としてビザ要件が緩和されたことで外国人観光客が増えていることや、国内では映画やドラマの舞台として認知されていること、横浜開港祭など大規模イベントが多数行われていること、修学旅行の積極的誘致などを理由に挙げる。

国際的人気に課題

 市は将来の少子高齢化、生産年齢人口の減少を踏まえ、国内外の誘客を強化し、経済活性化につなげる方針を掲げるが、特に鍵になるのは平均消費額が高額とみられる外国人観光客だ。市の中期4か年計画では外国人延べ宿泊者数を13年の44万人から、17年時点で60万人を目標に据える。しかし、世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」が公表した世界の人気観光都市ランキング2015によると、横浜は日本の人気観光都市トップ10にも入っていないなど、国際的な評価の低さが課題だ。市では中国、韓国、台湾などアジア8地域を重点誘客地区としてテレビやインターネットを使い、PRに注力する。

 一方、民間施設も外国人観光客対応に力を入れる。市が14年度に実施した外国人来訪者動態調査で、訪問先として中華街に続き2番目に入った新横浜ラーメン博物館は、世界的なラーメンブームを受け、外国人観光客が増加。ベジタリアンなどのニーズに応えようと精進料理の技法を用いたベジタブルラーメンを販売するなど工夫している。

 市では国内外の認知度向上を目指し、今年3月から「あうたびに、あたらしい(Find Your YOKOHAMA)」をキャッチコピーとして打ち出し、観光客誘致に力を入れている。

平成横浜病院リハビリ健康教室

2月23日(土) 「手軽に、気軽に、身軽に-体年齢を知ろう- 」・参加無料

https://yokohamahp.jp/

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

車と体、両方メンテナンス!

戸塚のガソリンスタンド内のストレッチ専門店「FREE ROM」

http://www.freerom.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「前立腺がん」を学ぶ

「前立腺がん」を学ぶ

2月14日 区総合庁舎

2月14日~2月14日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月7日号

お問い合わせ

外部リンク