戸塚区版 掲載号:2015年7月30日号 エリアトップへ

市政報告 新市庁舎整備課題と構想、および将来性について 横浜市会議員 中島光徳

掲載号:2015年7月30日号

  • LINE
  • hatena

現市庁舎の課題は?

 【1】現市庁舎は昭和34年の建設から56年が経過し施設・設備等の老朽化が進行【2】危機管理面から、災害時に行政に求められる「業務継続」や「情報伝達」への影響が明らか【3】現在、市庁舎周辺で働く職員約6000名の内4分の3にあたる約4400名は周辺20箇所の民間ビルに分散しており、賃貸料も年間22億円超―。

公明党の考え方は?

 以下の点について議会での議論を重ねてきました。

 【財政面】…市債発行額を中期4か年計画で示されている計画期間内の6000億円の範囲内で活用し、横浜方式のプライマリーバランスを概ね均衡させる方針を変えずに、財政の健全性を維持します。

 【収支シミュレーション】…基本計画では「民間ビル賃借料等の30年間分である680億円の範囲で市債の償還が賄える」という説明でした。今回の試算では約1億円上回り、また、現市庁舎を使い続けた場合との費用の累計額の逆転時期も48年との見込みが、3年遅れることになりました。これについては、新市庁舎が最先端の環境技術やライフサイクルコストを考慮した建物及び設備の導入、100年という長期間の使用にも耐えうる旨の市長の答弁がありました。今後、徹底した行政改革に取り組むことを前提に、これらは許容できる範囲にあると考えます。

 【運用面】…行政部分の面積について、基本計画より約3000平方メートルが減少され、コスト抑制の観点から評価できる内容です。

 【市民に末永く愛される市庁舎】…大岡川沿いの水辺の憩い空間とアトリウム(屋根付きの市民広場)をつなぎ、人々が回遊する空間を設ける計画とし、協働・交流・情報発信が活発にできる場を提供します。

 【市内企業の参画を推進】…市内経済活性化の観点から、出来る限り市内企業にも参画の機会を提供するよ

う要望した結果、低層部の内装などの工事が市内企業に発注される見込みです。

 以上の観点から、公明党は新市庁舎整備基本計画に賛成しました。今後さらに、皆様のご意見を伺っていきたいと思います。

新市庁舎の建設予定地(写真中央少し右下の印部)
新市庁舎の建設予定地(写真中央少し右下の印部)

横浜市会議員 中島光徳

神奈川県横浜市戸塚区原宿4丁目13-12

FAX:045-410-6307

http://nakajima-mitsunori.com/

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

希望する方に一刻も早くワクチン接種を

希望する方に一刻も早くワクチン接種を

立憲民主党 衆議院議員 山崎誠

6月3日号

リスクと正しく向き合う教育を

県政報告 94

リスクと正しく向き合う教育を

神奈川県議会議員 北井宏昭

6月3日号

ワクチン接種、早急な対応を

皆様の声をカタチに! 市政報告

ワクチン接種、早急な対応を

横浜市会議員 中島みつのり

5月20日号

「こどもハッシン・プロジェクト」始動

横浜市会報告

「こどもハッシン・プロジェクト」始動

横浜市会議員 鈴木太郎

5月13日号

コロナ第4波から国民を守る、安全確実なワクチン接種の実現を

「脱炭素社会」目指す条例を

元ワーキングママがゆく 41 市政レポート

「脱炭素社会」目指す条例を

横浜市会議員 伏見ゆきえ

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter