戸塚区版 掲載号:2015年7月30日号 エリアトップへ

TAP(とつかアートプロジェクト)の広報担当に着任し、8月2日には似顔絵教室を行う 渡邉 勉さん 名瀬町在住 64歳

掲載号:2015年7月30日号

  • LINE
  • hatena

自分がきっかけ、とっかかりに

 ○…口腔ケア、似顔絵に腹話術―。40年務めた歯科業界を定年で引退し、戸塚でさまざまな分野で活動している。6月にはふらっとステーション・とつかで口腔内のケアの仕方やグッズを楽しく紹介する「ふらっと健康講座」を行った。「プロができるケアでは無く、その人が楽しくできるやり方を伝えたい」。似顔絵教室も技術よりは参加する人が楽しめることが第一だそう。

 ○…似顔絵を始めたきっかけは、川べりでの散歩。河原に転がる石が人の輪郭に見え、知人や有名人をあてはめ遊んでいるうちに、似顔絵を習おうと決めた。「考えたり迷ったりするより先に行動する」がモットーで、いつでも前向き。「石につまずいたと考えるより、新しい石に会えたと思うタイプ」とのこと。いろいろなことに手を出すうちに、人が何かに「とっかかる」手伝いをしようと考え、とつかアートプロジェクトの活動にも参加。「とつか」と「とっかかり」は掛詞だ。

 ○…出身は東京都葛飾区亀有。横浜で仕事をしていた際に出会った人と結婚し、戸塚に移り住んだ。自身の持つ人を集める力には自信があり、「人間磁石」として戸塚を盛り上げていきたいと考える。「ウサギとカメなら、カメかな」とのこと。「ゆっくりに見えるかもしれないが、歩みは止めない。『止まる』が『少ない』と書いて『歩く』という字だからね」だそう。

 ○…今後の目標は似顔絵で戸塚の100人を描くことや「お結び広場」への出展、TAPの「趣味活」の活性化など。「Plan・Do・See」を合言葉に、計画を立て、実行したら分析をし、これからの進歩につなげていく姿勢を常に持つ。「参加する人がまず行きたいと思い、参加した人が来年も行きたいと思える工夫が必要」と熱を込めて語る。持ち運んでいるかばんには講演やイベントのチラシ、アイデアのメモ書きなど、あふれる思いがぎっしり詰まっている。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

金沢 浩二さん

老人福祉センター横浜市戸塚柏桜荘の所長を務める

金沢 浩二さん

藤沢市在住 50歳

6月17日号

林 総(おさむ)さん

4月から戸塚土木事務所の所長を務める

林 総(おさむ)さん

瀬谷区在住 56歳

6月10日号

菅田 紗央里さん

とつか区民の夢プロジェクト補助金事業を使い、6月からイベントを行う「広場きわめ隊」の代表

菅田 紗央里さん

品濃町在住 33歳

6月3日号

藤原 滉人(ひろと)さん

5月29日・30日に初のオンライン開催を行う明治学院大学戸塚まつり準備会代表

藤原 滉人(ひろと)さん

大和市在住20歳

5月27日号

伊左次 雄介さん

柔道や総合格闘技の国際大会で活躍し、4月から戸塚高校定時制柔道部のコーチを務める

伊左次 雄介さん

海老名市在住 30歳

5月20日号

遠山 元浩さん

遊行寺宝物館館長として「とつか歴史講演会」の講師を務める

遠山 元浩さん

藤沢市在勤 52歳

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter