戸塚区版 掲載号:2015年8月6日号 エリアトップへ

吉田特別救助隊2係 関東地区大会で入賞 ロープブリッジ救出種目

社会

掲載号:2015年8月6日号

  • LINE
  • hatena
賞状と共に(前列が入賞チーム)
賞状と共に(前列が入賞チーム)

 戸塚消防署吉田消防出張所の吉田特別救助隊2係が、7月17日に行われた第44回消防救助技術関東地区指導会のロープブリッジ救出種目で入賞した。市大会では同種目で1係、2係が最優秀、優秀の成績を残し、その後の県大会では2係が2位となり、関東大会進出を決めていた。

 同指導会は、一般財団法人全国消防協会関東地区支部が主催し、消防救助隊員が訓練で身に着けた消防救助技術の披露や、地域での防災連帯意識を高揚させることを目的としたものだ。陸上の部と水上の部に分かれ、計11種目が設けられている。吉田特別救助隊が出場したロープブリッジ救出は陸上の部に属し、対面する2つの塔を行き来し、要救助者を安全に救出する4人1組で行う種目。同指導会には28チームが参加した。迅速かつ的確にロープを扱う技術や、カラビナと呼ばれるロープや器具を接続するための金具の操作、チームワークなどが競うポイントとなる。設けられたチェック項目を基に、持点500点からの減点と所要時間から評価が行われ、標準所要時間を切り、持点満点を維持すると入賞が決まる。チームが決まった後、1月から大会までが競技に向けた訓練期間となり、個人練習とチーム練習に励んだ。

 今回入賞した吉田消防出張所2係のメンバーはリーダーの井原洋平さん(34)と田中裕朗さん(29)、山村駿弥さん(26)、高田心さん(22)。1人が要救助者となり、3人が救助する。

 異動があり、チームのメンバーが変わることが多い点が課題の一つ。目標は毎年全国大会出場だが、昨年は市大会、一昨年は県大会止まりだった。今年のチームについて、井原リーダーは「雰囲気の良いチームだった。(練習の中でメンバーが)良いと思ったところは次のチームでも続けてくれれば」と語った。来年も出場予定の田中さんは「関東大会で負けてしまい悔しい。後悔の無いよう訓練を重ねたので、全国大会を目指す思いを引き継げれば」と話した。

 中山隆司出張所所長(48)は「(練習を見て)一つの目標に向かってチームワークを養い自信もつけていた。有事の際には区民に還元していきたい」と思いを語った。
 

ロープを使った日常の訓練の様子
ロープを使った日常の訓練の様子

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

福祉古民家レストランへ

名瀬町久右衛門邸

福祉古民家レストランへ 社会

障害者が就労スキル磨く

5月19日号

ザンビアに卒業生の靴を

上矢部高校生徒

ザンビアに卒業生の靴を 教育

国際奉仕 150足寄贈

5月19日号

7人制大会で初優勝

区内女子ラグビーチーム

7人制大会で初優勝 スポーツ

創部以来の悲願達成

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月12日号

海外移住資料館が一新

JICA横浜

海外移住資料館が一新 文化

多文化共生の理解深化に

5月12日号

列車の位置情報を公開

市交通局

列車の位置情報を公開 社会

即時発信で利便性向上へ

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook