戸塚区版 掲載号:2015年9月10日号 エリアトップへ

がん闘病の思い 自伝に フットサル・久光選手

社会

掲載号:2015年9月10日号

  • LINE
  • hatena
著書を手にする久光選手
著書を手にする久光選手

 がんと闘う横浜市出身の現役フットサル選手、久光重貴さん(34)が7月、自身初となる自伝を発表した。タイトルは『がんでもプレーを続ける元フットサル日本代表 久光重貴〜笑顔のパス』((株)ガイドワークス発行・税抜1389円)。

 久光さんは現在、日本フットサルリーグ(Fリーグ)の湘南ベルマーレフットサルクラブ所属。2009年には日本代表に選出された経験も持つ。13―14年シーズン開始前の4月に受けたメディカルチェックで肺腺がんが発覚した。著書では自身の生い立ちや選手としての活動、そしてがん宣告や抗がん剤治療など、現在に至るまでの足跡が綴られている。その出会いがフットサルを始めるきっかけとなったという、歌手のナオト・インティライミさんとの対談も盛り込んだ。久光さんは「たくさんの人との出会いで今の自分がある。支えられてきた感謝を伝えたいという気持ちと、一人の人間として生きてきた思いを残しておきたかった」と、書籍化の経緯を語る。

 抗がん剤治療で入院中だった今年3月頃から製作を始め、7月1日に刊行した。現在は、同じくFリーグのデウソン神戸所属で上咽頭がんから復帰した鈴村拓也選手とともに一般社団法人「リングスマイル」を立ち上げ、小児がん患者の支援も行っている。久光さんは「いま困難に立ち向かっている人が、この本を通して1人でも前向きになってもらえたら」と話す。同書の詳細は【電話】03・6311・7777。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6

コロナ禍の「例会」に対策

コロナ禍の「例会」に対策 社会

戸塚LC 初のオンライン会議

12月3日号

シクラメン展示中

西武東戸塚S.C.

シクラメン展示中 文化

クリスマスまで

12月3日号

納税功労者を表彰

戸塚税務署

納税功労者を表彰 社会

日頃の取組たたえる

12月3日号

震災想定し、のぼり旗

震災想定し、のぼり旗 社会

区医師会などが訓練

12月3日号

EVバス、横浜駅周辺 運行

EVバス、横浜駅周辺 運行 社会

来年2月まで実証実験

12月3日号

地域活動、WEBで紹介

地域活動、WEBで紹介 文化

とつかお結び広場 コロナ対策し、実施

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク