戸塚区版 掲載号:2015年10月22日号 エリアトップへ

ラグビー人気、再燃目指し(下) 日本代表による大きな一歩

スポーツ

掲載号:2015年10月22日号

  • LINE
  • hatena

 ラグビーの競技人口が減少している一因には、中学校進学を機としたラグビー離れがある。中学生がラグビーを続けるには部活動のある一部の学校に進学するか、クラブチームなどに入る必要がある。だが、市内の中学校でラグビー部があるのは私立も含めて約10校で、人数不足の学校もある。また、公式のクラブチームは市内に4つのみで、練習日は週末がほとんど。練習環境が限られていることが、ラグビー離れにつながっているのではないか。

 そんな中、「練習できる環境を増やしたい」と3年前に横浜国立大学ラグビー部が主体となり小、中学生向けに開設したのが「YNSUラグビー教室」だ。楽しみながらラグビーの練習をする事を目的に週2日教室を開いている。「利用可能な施設や、練習できる時間を増やし、環境を整えれば競技人口が増えるのでは」と同部監督で教室代表を務める稲口和也氏は話す。

 一方、桐蔭学園高等学校のラグビー部、部長兼監督の藤原秀之氏は「少子化の今、必要なのは競技人口を増やすよりも、一人の子が複数のスポーツを続けられる環境を整備する事が重要」と指摘する。ラグビー大国のニュージーランドでは夏はクリケット、冬はラグビーというようにシーズンによって違うスポーツをする文化が根付いている。「この考え方や体制を日本で広める事も、今後人気が出るひとつのきっかけになるのでは」と藤原氏は話す。

横浜が決勝の地に

 現在イングランドで開催されているラグビーW杯。1次リーグで日本代表は、格上の南アフリカ代表などを相手に3勝を挙げ、世界中を沸かせた。日本のラグビーの歴史を塗り替えるこの快挙を機に、連日メディアでラグビーの情報が発信されるなど、国内でも盛り上がりを見せている。

 横浜市でも2019年のW杯に向け、「ラグビーワールドカップ2019を成功させる横浜市会議員の会」が9月25日に設立され、28日には横浜国際総合競技場(日産スタジアム)が決勝戦の会場に決定した。日本でのW杯初開催成功に向け、動き始めた日本のラグビー界。人気再燃の兆しも見えてきた。

(了)

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6

感染症・未病の市民講座

横浜薬科大学

感染症・未病の市民講座 文化

6月21日から動画公開

6月10日号

「買物難民」を支援

秋葉町のコンビニ

「買物難民」を支援 経済

地場産野菜など販売

6月10日号

全5回の健康体操講座

全5回の健康体操講座 スポーツ

7月から 原宿地域ケアプラ

6月10日号

詐欺防止で表彰

セブン横浜深谷町店

詐欺防止で表彰 社会

6月10日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月10日号

区役所屋上で田植え体験

区役所屋上で田植え体験 社会

戸塚小5年生

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter