戸塚区版 掲載号:2015年10月29日号 エリアトップへ

「震度6弱」想定し参集訓練 舞岡地区センターで

社会

掲載号:2015年10月29日号

  • LINE
  • hatena
訓練の結果を検証する参加者ら
訓練の結果を検証する参加者ら

 平成27年度戸塚区医療救護隊初動参集訓練が10月13日、舞岡地区センターで行われた。医療救護隊は医師、薬剤師、看護職、区職員で構成され、区内で震度6弱以上の地震が起きた場合、災害に対応できる医療体制を整えるため編成される。今回の訓練は地震が発生した際に、指定された場所に区医療救護隊が集合でき、円滑な初動対応をできるようになることが目的。訓練では、同日正午に区内で震度6弱の地震が発生したことを想定し、登録された隊員らが、災害時に拠点となる舞岡地区センターの会議室に集まった。薬剤師は備蓄医薬品も持参し、到着後中身の確認が行われた。無線での情報伝達訓練も行われ有事を想定した総合的な訓練となった。

 訓練終了後には、戸塚区医師会会長、戸塚区薬剤師会会長、アドバイザーから全体に対する講評があり、参加した隊員らも感想を述べた。「有事の際、集合自体が危ぶまれるのではないか」「実際に医薬品を持ってきてみたが、重い。徒歩での持参は困難」など今後の課題が挙げられた。

 震災中の病気やけがに対応する医療機関(病院・診療所)と薬局は、発災時に開所していることを示す、のぼり旗を掲げる。翌日14日には、区内で一斉に旗の掲出訓練も実施され、該当機関の軒先には黄色や赤の旗が揺れた。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6

区内でも浜なし収穫 開始

うちわ作りで交流を

汲沢民生委員

うちわ作りで交流を 社会

高齢者が作業楽しむ

8月13日号

瀬谷駅で再開発 進む

瀬谷駅で再開発 進む 社会

来夏に新施設が竣工

8月13日号

市大が回復者抗体を調査

新型コロナ

市大が回復者抗体を調査 社会

フリーアナ 赤江さんも協力

8月13日号

「終活」の本を書こう

「終活」の本を書こう 社会

原宿ケアプラ 参加者募集

8月13日号

オンラインで生ライブ

市内在住日本舞踊家

オンラインで生ライブ 文化

「コロナ禍でも笑顔を」

8月13日号

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月13日号

お問い合わせ

外部リンク