戸塚区版 掲載号:2015年10月29日号 エリアトップへ

区消防団第6分団 市訓練会で優勝 2位に5点差の圧勝

社会

掲載号:2015年10月29日号

  • LINE
  • hatena
「常勝」を掲げる出場者と関係者
「常勝」を掲げる出場者と関係者

 平成27年度横浜市消防操法技術訓練会が、10月17日に深谷町にある消防訓練センターで行われ、戸塚区の代表として出場した戸塚区消防団第6分団が高得点で優勝した。2016年7月には県大会が行われ、それを制しての全国大会出場を目指す。

 戸塚区の消防団は、全7分団。市大会へ出場する分団は、交代制で決めている。同訓練会には20チームが参加し、1チームあたり、2人の補員を含めた6人で競技に挑む。競技の内容は、ポンプを使った放水。ホースを伸ばし、目標に水を当て倒すまでのタイムや、技術点、審査結果などが得点となり、100点満点に対する値で競う。戸塚代表の結果は91点。2位の鶴見が86点と、大差をつけて優勝した。出場した第6分団は原宿1〜5丁目、小雀町、東俣野町、影取町の管轄。分団は3班に分かれるため、チーム6人は各班から2人ずつ選出された。過去に同訓練会に出場し今回が再挑戦となった団員もいた。

 指揮者として出場した廣木健太郎さん(30)は、最年少ながらチームをまとめるしっかり者。1番員を務めた小間敏史さん(31)は「勝ちに行こうよ」とチームに声かけし、自らも努力する有言実行派だ。2番員の鈴木寿郎さん(38)はチーム最年長として皆の体調管理も行う頼れる存在だそう。3番員の生駒昌徳さん(37)は、チームの中でも明るい存在として場を和ませ、技術面をサポート。補員の友井純一さん(34)は指揮者・1番員の役割を覚えながら、全体の流れをリードしていった。2番員・3番員の補員を担った若林美一さん(35)は運動神経抜群で器用に自らの役割をこなした。

 全体の指導を担当した第六分団長の金子敏明さんは「地域の方々や区長も応援に駆け付けてくれ、感謝しています」と話した。指揮者の廣木さんは「バランスの良いメンバーに恵まれました。分団の約120人、ひいては戸塚区民全体で勝ち取った優勝だと思います」とコメントし、金子さんは「地元とコミュニケーションを取りながら、災害の無い地域を目指します」と今後の抱負を熱く語った。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

極真空手国際大会で優勝

大正中1年保立君

極真空手国際大会で優勝 スポーツ

得意の上段蹴り決める

12月5日号

「稼げる」情報に落とし穴

「稼げる」情報に落とし穴 社会

5年で相談件数約10倍

12月5日号

「子どもSOSの本」 展示

戸塚図書館

「子どもSOSの本」 展示 社会

児童虐待防止の啓発活動

11月28日号

「SDGs(エスディージーズ)」の取組発信

区内の団体等紹介イベント

「SDGs(エスディージーズ)」の取組発信 文化

10周年で初の企画

11月28日号

全日本コンクールで「金」

川上小「特別合唱クラブ」

全日本コンクールで「金」 文化

鍛えた表現力届ける

11月21日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月21日号

脳梗塞経て「再び合気道を」

戸塚町在住吉田さん

脳梗塞経て「再び合気道を」 スポーツ

周囲の後押しで稽古励む

11月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク