戸塚区版 掲載号:2015年11月19日号
  • LINE
  • hatena

西部水再生センター 官民共同で発電事業 施設上部に太陽光パネル

経済

 西部水再生センター(戸塚区東俣野町)の下水道施設上部のスペースに太陽光パネルを設置し、馬淵・協電特定事業共同企業体が発電・売電を行う事業が始動した。11月5日に試運転が行われ、発電を開始した。

 同事業の目的は【1】地球温暖化対策・エネルギー施策への貢献【2】災害時の停電時における応急対策事務等の電源として活用【3】下水道資産の有効活用・固定価格買取制度(FIT)の活用による経営改善――。

 【1】では、太陽の光という消耗しない自然エネルギーを使い、二酸化炭素の発生しない発電方法を取り入れることで、地球温暖化対策とする。年間発電見込量は約115万kWhで、一般家庭約320万世帯分の年間消費電力に相当する。

 【2】では、発災時に同施設の非常用電源として利用することで災害下での応急対策事務をより円滑に行う。

 【3】では、下水道施設が抱える課題を解決しながら、民間企業と市が収入を得て、経営に利益をもたらすとしている。

 水再生センターでは下水をフィルターに通しながら処理するため、臭気・機械音が発生すると同時に、フィルターの設置のために広い面積の占有を必要とする。両課題の解決策として、施設上部に中空の屋根を設け、上部スペースを利用する方法が検討され、昨年、神奈川水再生センターの屋上部に太陽光パネルの設置・運用が行われた。

 第2弾となる今回はパネル数が4182枚と太陽光発電事業としては市内最大規模を誇る。太陽光パネルの設置・管理は、民間企業が投資して行うため、市の支出は無い。企業は得た収入の一部を売電納付金として、年額約351万円を市に20年間納付する。FITは、再生可能エネルギーの導入拡大を図るため、2012年7月から太陽光などのエネルギーで発電された電気を国が買い取る制度。同制度を活用し、共同事業者となった馬淵・協電特定事業共同企業体は、収入を得る。

 同月10日には、竣工式が行われ、冒頭のあいさつでは横浜市環境創造局長が「官民が力を合わせた環境対策事業として大いに意義がある」と話し、「横浜市のエネルギー政策をけん引してほしい」とした。

平成横浜病院リハビリ健康教室

2月23日(土) 「手軽に、気軽に、身軽に-体年齢を知ろう- 」・参加無料

https://yokohamahp.jp/

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

国際的イベントに重点

横浜市予算案

国際的イベントに重点

2月7日号

バスケ県大会で優勝

区内2チーム

バスケ県大会で優勝

2月7日号

「このミス大賞」受賞作 発売

戸塚町在住倉井さん

「このミス大賞」受賞作 発売

1月31日号

健康づくり講座が好評

吉田町地域交流施設

健康づくり講座が好評

1月31日号

乳児用液体ミルク解禁へ

手洗いの徹底呼びかけ

専門家に聞くインフル予防法

手洗いの徹底呼びかけ

1月24日号

車と体、両方メンテナンス!

戸塚のガソリンスタンド内のストレッチ専門店「FREE ROM」

http://www.freerom.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「前立腺がん」を学ぶ

「前立腺がん」を学ぶ

2月14日 区総合庁舎

2月14日~2月14日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月7日号

お問い合わせ

外部リンク