戸塚区版 掲載号:2015年11月19日号 エリアトップへ

西部水再生センター 官民共同で発電事業 施設上部に太陽光パネル

経済

掲載号:2015年11月19日号

  • LINE
  • hatena

 西部水再生センター(戸塚区東俣野町)の下水道施設上部のスペースに太陽光パネルを設置し、馬淵・協電特定事業共同企業体が発電・売電を行う事業が始動した。11月5日に試運転が行われ、発電を開始した。

 同事業の目的は【1】地球温暖化対策・エネルギー施策への貢献【2】災害時の停電時における応急対策事務等の電源として活用【3】下水道資産の有効活用・固定価格買取制度(FIT)の活用による経営改善――。

 【1】では、太陽の光という消耗しない自然エネルギーを使い、二酸化炭素の発生しない発電方法を取り入れることで、地球温暖化対策とする。年間発電見込量は約115万kWhで、一般家庭約320万世帯分の年間消費電力に相当する。

 【2】では、発災時に同施設の非常用電源として利用することで災害下での応急対策事務をより円滑に行う。

 【3】では、下水道施設が抱える課題を解決しながら、民間企業と市が収入を得て、経営に利益をもたらすとしている。

 水再生センターでは下水をフィルターに通しながら処理するため、臭気・機械音が発生すると同時に、フィルターの設置のために広い面積の占有を必要とする。両課題の解決策として、施設上部に中空の屋根を設け、上部スペースを利用する方法が検討され、昨年、神奈川水再生センターの屋上部に太陽光パネルの設置・運用が行われた。

 第2弾となる今回はパネル数が4182枚と太陽光発電事業としては市内最大規模を誇る。太陽光パネルの設置・管理は、民間企業が投資して行うため、市の支出は無い。企業は得た収入の一部を売電納付金として、年額約351万円を市に20年間納付する。FITは、再生可能エネルギーの導入拡大を図るため、2012年7月から太陽光などのエネルギーで発電された電気を国が買い取る制度。同制度を活用し、共同事業者となった馬淵・協電特定事業共同企業体は、収入を得る。

 同月10日には、竣工式が行われ、冒頭のあいさつでは横浜市環境創造局長が「官民が力を合わせた環境対策事業として大いに意義がある」と話し、「横浜市のエネルギー政策をけん引してほしい」とした。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

極真空手国際大会で優勝

大正中1年保立君

極真空手国際大会で優勝 スポーツ

得意の上段蹴り決める

12月5日号

「稼げる」情報に落とし穴

「稼げる」情報に落とし穴 社会

5年で相談件数約10倍

12月5日号

「子どもSOSの本」 展示

戸塚図書館

「子どもSOSの本」 展示 社会

児童虐待防止の啓発活動

11月28日号

「SDGs(エスディージーズ)」の取組発信

区内の団体等紹介イベント

「SDGs(エスディージーズ)」の取組発信 文化

10周年で初の企画

11月28日号

全日本コンクールで「金」

川上小「特別合唱クラブ」

全日本コンクールで「金」 文化

鍛えた表現力届ける

11月21日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月21日号

脳梗塞経て「再び合気道を」

戸塚町在住吉田さん

脳梗塞経て「再び合気道を」 スポーツ

周囲の後押しで稽古励む

11月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ビッグバンドが登場

クリスマスコンサート

ビッグバンドが登場

7日 名瀬地域ケアプラ

12月7日~12月7日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク