戸塚区版 掲載号:2015年12月24日号 エリアトップへ

公園守る活動続く 区内に191カ所で愛護会

社会

掲載号:2015年12月24日号

  • LINE
  • hatena
地域の小学生と地域住民が協力して作り、公園のイベントで披露された竹灯篭(谷矢部池公園愛護会の活動より)
地域の小学生と地域住民が協力して作り、公園のイベントで披露された竹灯篭(谷矢部池公園愛護会の活動より)

 身近な公園の美化活動やマナーの啓発を行うボランティア団体である公園愛護会。区内にある217カ所の公園に対して、191カ所の公園で愛護会が組織されており、その活動は他団体との連携やイベント開催など、多岐にわたるものとなっている。

活動が受賞も

 横浜市内の公園の約9割に組織されている公園愛護会。市は住民の健康づくりのために行っている「よこはまウォーキングポイント」事業の一環として、公園利用を推進しており、今年11月にはガイドブック『公園de健康づくり』を発行した。冊子内では「公園愛護会活動が健康づくりに役立つ」としており、地域住民の参加を促している。

 区内の大半の公園を戸塚区土木事務所が管理しているが、愛護会からも提案をするなど、相互に協力する姿勢が見られる。

 横浜市公園愛護会表彰で、2015年は区内の2団体の会長が個人表彰、「秋葉台公園愛護会」「上矢部第一公園愛護会」「谷矢部池公園愛護会」の3団体表彰を受賞。個人表彰は、公園管理に貢献したとして公園愛護会会長を10年以上務めた人に贈られる。団体表彰は公園の美化・保全・活性化に特に顕著な功績のあった公園愛護会に贈られるもの。

 秋葉台公園愛護会は、近隣町内会や町の高齢者を支える団体「わくわくサポート隊」と連携を取りながら公園の利用促進や美化を図ってきた。また、川上地区と北海道下川町が友好協定を締結していることから、公園の約1万平方メートルの敷地を利用して交流会を開催し、ジョギングや花火大会を行うなどしている。

 上矢部第一公園愛護会は毎日誰かが清掃を行い、公園の景観維持に特に力を注いだ。公園を近隣の保育園の児童や小学生とのコミュニケーションの場ともしており、砂場の管理や花の植え替えなど、より使いやすい場をめざした提案を戸塚区土木事務所にも積極的に投げかけ、同事務所と共同で花壇の枠を作ったことも。

 谷矢部池公園愛護会は、5つの町内会と1つの学校、園内のグラウンドを使う団体と、合わせて12団体からの会員で構成されており、規模も大きい点が特徴。特に目立ったイベントとして「竹灯篭の夕べ」を行っている。コンセプトは「ふるさとづくり」で、子どもの教育の場としての公園にしたいという目的をもって活動を行っている。

 表彰に対して推薦を行った戸塚土木事務所下水道・公園係の伊熊係長は推薦するうえで「活動が活発なところを選んだ」とし、「(公園愛護会の活動に)かかわっている方々には美化などに努めてもらい感謝している」と話した。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

戸塚区から2人受賞

県民功労者表彰

戸塚区から2人受賞 社会

福祉や食品衛生向上に貢献

7月18日号

防災の専門家、地域に派遣

戸塚区新事業

防災の専門家、地域に派遣 社会

研修会の精度向上狙う

7月18日号

子ども向け戸塚宿講座

区内歴史研究団体

子ども向け戸塚宿講座 教育

「地元の歴史知る機会に」

7月11日号

利用者増加が継続の鍵

小雀地区乗合バス

利用者増加が継続の鍵 社会

運行10年、行政も後押し

7月11日号

公民連携し魅力ある公園へ

横浜市

公民連携し魅力ある公園へ 社会

基本方針を策定

7月4日号

歩道橋設置へ

不動坂交差点

歩道橋設置へ 社会

住民の安全確保が目的

7月4日号

学校・病院、全面禁煙に

健康増進法7月1日改正

学校・病院、全面禁煙に 社会

市、1万4千施設調査へ

6月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「絆」描いた芝居披露

劇団年輪

「絆」描いた芝居披露

8月4日 戸塚公会堂

8月4日~8月4日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク