戸塚区版 掲載号:2016年1月28日号 エリアトップへ

市政報告vol.9 横浜の動物園、質的向上を 横浜市会議員 やまうら英太

掲載号:2016年1月28日号

  • LINE
  • hatena

収支は赤字続き

 横浜市議会第4回定例会にて、指定管理者(民間運営委託)の業務契約更新が議決されました。

 横浜市は指定管理者の契約を、原則「公募」「指定期間5年」を標準とし、極めて高度な専門性を有する場合等については、「非公募」や「指定期間10年」も認めるとしています。

 その中で、今回契約期間満了に伴い、横浜市の動物園3園の指定管理者の指定を行うにあたり、10年契約かつ非公募での選定となりました。繁殖や飼育には長期的な取組みが必要なのは理解できますが、動物園の収支は赤字続きです。

 市内の動物園は、教育施設とも位置付けられているため、「誰にでも利用できるように」と入園料は無料か低料金に設定され、園内のフードコートやお土産店の運営も競争性がないために赤字が前提の運営構造になり、横浜市から22億円もの補助金が投入されているのが現状です。

制度の見直しを

 指定管理者制度は、公募・非公募のいずれかによって指定管理者を選定することになります。しかし、非公募により長期の指定期間で選定した場合では、競争にさらされることなく、様々なサービスも低下する可能性があります。現在の指定管理者が次回の選定を意識し、ある種の緊張感を持った施設経営を行うためにも、複数の申請者の事業計画と比較できる公募を実施していくことが必要です。

 今後は横浜市の公の施設のあり方を検討する中で、管理・運営に民間の能力をどう活用していくのか、住民や施設利用者が参画しながら合意形成を図り、多様化する住民ニーズにより効果的、効率的に対応することが求められます。

山浦英太

横浜市戸塚区吉田町978-7

TEL:045-864-3112
FAX:045-864-3112

http://www.yeita.net/

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。新年から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

経済的理由で中退させるな

県政報告 106

経済的理由で中退させるな

神奈川県議会議員 北井宏昭

1月13日号

市の未来へ今年も全力投球

ガッツ市政政告【8】

市の未来へ今年も全力投球

横浜市会議員 坂本勝司

1月6日号

2022年のテーマは「再起動」

横浜市会報告

2022年のテーマは「再起動」

横浜市会議員 鈴木太郎

1月1日号

コロナ禍での災害対策強化へ!

皆様の声をカタチに! 市政報告

コロナ禍での災害対策強化へ!

横浜市会議員 中島みつのり

1月1日号

人口減少社会へ準備せよ

県政報告 105

人口減少社会へ準備せよ

神奈川県議会議員 北井宏昭

1月1日号

子どもの幸せと家庭教育

元ワーキングママがゆく 45 市政レポート

子どもの幸せと家庭教育

横浜市会議員 伏見ゆきえ

1月1日号

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新 社会

  • 1月1日0:00更新

  • 12月16日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook