戸塚区版 掲載号:2016年2月25日号
  • LINE
  • hatena

「ハマヤク農園」開園 4月1日、深谷町で

ハマヤク農園のイメージ図(横浜薬科大学提供)
ハマヤク農園のイメージ図(横浜薬科大学提供)
 横浜薬科大学(江崎玲於奈学長)が農園付公園のネーミングライツで市と契約を結んだ深谷町ふれあい公園「愛称/ハマヤク農園」(深谷町1272の1他)が4月1日(金)に開園する。協働農地エリアで企画される「市民参加型のハーブ園」では、地域住民と共に土づくりや栽培体験、ハーブの楽しみ方の講座が開かれるなど、地域コミュニティーの発展や交流活性化が期待される。

 公園名称へのネーミングライツの導入は市内初。契約期間は2016年4月1日から10年間で年額360万円となっている。

 同公園は農地を市が買い取り整備しているもの。農園付公園整備事業は、横浜みどりアップ計画における農地を守る施策の一つ。

 ハマヤク農園の面積は4333平方メートル。施設内には分区園(貸し農園)と、協働農園を設置する。

 分区園では、市民の要望の高い農体験の機会を増やし、協働農園の体験イベントなどで、農や自然について学ぶきっかけを広く提供する。

 協働農園エリアでは「市民参加型のハーブ園」を企画し、地域住民と共に土づくりから収穫、ハーブの楽しみ方の講座などを予定。薬用植物園や医食同源・漢方薬膳などを通して培ってきた同大学のノウハウを生かす。

 分区園は個人利用が83区画(10〜15平方メートル)団体利用は6区画(50平方メートル)。協働農園は3区画(150平方メートル/95平方メートル/10平方メートル)で指定管理者は株式会社田澤園に決定した。市民参加型ハーブ園は150平方メートル区画で実施する予定となっている。

 横浜薬科大学の担当者、田口真穂さんは「指定管理者の株式会社田澤園さんも今回の当大学とのコラボレーションでさまざまな可能性があり、とても楽しみにしてくださっている。貸し農園については、初めての方でも楽しんでいただけるように土づくりからサポートなども行います。薬膳メニューのレシピなどを提供するなど、さまざまな楽しみ方をご用意します」と期待感を口にする。

 また他にもイベントなども定期的に行っていく予定で、「ぜひより多くの地域の方々に足を運んでいただけたら嬉しいです」と話している。

平成横浜病院リハビリ健康教室

2月23日(土) 「手軽に、気軽に、身軽に-体年齢を知ろう- 」・参加無料

https://yokohamahp.jp/

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

車と体、両方メンテナンス!

戸塚のガソリンスタンド内のストレッチ専門店「FREE ROM」

http://www.freerom.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「前立腺がん」を学ぶ

「前立腺がん」を学ぶ

2月14日 区総合庁舎

2月14日~2月14日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月7日号

お問い合わせ

外部リンク