戸塚区版 掲載号:2016年6月9日号 エリアトップへ

横浜市戸塚消防団の団長に就任した 川邉 聡さん 原宿在住 63歳

掲載号:2016年6月9日号

  • LINE
  • hatena

伝統つなぎ、地域のために

 ○…「東北や九州の震災で、消防団の価値が見直されている。地域に貢献するという思いで取り組みたい」と志を語る。目指すのは、さらなる団員の充足だ。消防団で学べる心肺蘇生法や初期消火などの技術は、家族や隣人、ひいては地域の人々を危機から救う手だてとなる。「たとえ半年に1度しか参加できなくとも、そこで学んだことは地域の役に立つはず」と話す。

 ○…大学卒業後、都内の会社に就職。10年ほど勤めたあと、父の病気に伴い、原宿にあった家業のガソリンスタンドを継いだ。消防団への入団も同じ頃。「はじめは消防団が嫌だった。参加しないと『なんで来ねえんだ』と陰で言われたりして」と苦笑する。それでも続ける中で、だんだんと気持ちが変わっていく。記憶に残るのは、約10年前に出場した区内の火事現場。逃げ遅れた高齢者が、ドアの内側で息絶えて発見されたという。「命が助かるかどうかは心がけ次第」。火災報知機の設置や、火事の予防を地域の人に啓発することが「自分のすべきこと」と思うようになった。

 ○…「子どもの頃はガソリンスタンドで竹馬をしたりして育った。だからこの仕事は好きだった」と振り返る。経営が厳しいなか一時は5店舗にまで拡大。仕事場に段ボールを敷いて寝るなど多忙を極めた。「この仕事は早めに辞めて自分の人生を楽しもう」。そんな願いを叶えるように、50歳から1軒ずつ店をたたみ、54歳で晴れて「自由の身」になった。ところが大きな誤算が。「友人は皆まだ働いていて、誘っても断れてばかり。やっぱり、周りに歩調を合わせないと楽しくないと学んだね」と笑う。

 ○…戸塚消防団は歴史が長く、市や県の消防操法大会でも常に上位を占める。「この消防団をずっと誇りに感じていた。だからプレッシャーを感じる」。一方で「自分には信頼する仲間がいる」という自信もある。「伝統を汚さないように、力を合わせて頑張りたい」

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

福士 三夫さん

自宅で珍しい実のつく苗木セットを配布している

福士 三夫さん

上矢部町在住 74歳

5月19日号

宇田川 真乃さん

4月から「エフエム戸塚」でセーリングや海の魅力を伝える

宇田川 真乃さん

港南区在住 23歳

5月12日号

大森 洋太郎さん

大型の切り絵や水彩画、ペン画など芸術性の高い作品を生み出し続ける

大森 洋太郎さん

矢部町在住 78歳

5月5日号

中村 美恵子さん

今年20周年を迎えた「みんなの手話ダンスフラワー東戸塚」の代表を務める

中村 美恵子さん

品濃町在住

4月28日号

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

青葉区在住 50歳

4月21日号

向山 康三さん

さくらプラザで年1回、写真展を開催するヨコハマセブンフォトの会長を務める

向山 康三さん

港南区在住 70歳

4月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook