戸塚区版 掲載号:2016年6月23日号 エリアトップへ

汲沢在住の高村さん 区にベビーカー6台寄付 「子育て支援に役立てて」

社会

掲載号:2016年6月23日号

  • LINE
  • hatena
ベビーカーを寄付した高村さん(左)と、田雑区長
ベビーカーを寄付した高村さん(左)と、田雑区長

 汲沢在住の高村紀男さん(72)はこのほど、子育て支援に役立ててもらおうと戸塚区役所にベビーカー6台を寄付した。これを受け区では、6月20日からベビーカーの無料レンタル事業を開始した。区庁舎内のみでなく戸塚駅周辺で利用できるのが特徴で、区民の利便性・回遊性の向上につなげたい考え。

きっかけは自身の経験

 「『子育て支援をしたいが、どんな形がいいか』と考え、すぐにベビーカーの寄付を思いついた」という高村さん。きっかけは自身の子育て経験だった。

 高村さんが子育てをしたのは、ベビーカーが出回り始めたころ。混み合う場所では周囲の人たちから迷惑そうに見られた記憶がある。そのため、ベビーカーの使用頻度が高い母親にとっては「周囲の邪魔かもしれないという意識があるのでは」と高村さんは配慮する。

区が無料レンタル開始

 区担当者の話では、ベビーカーを持たずに小さな子を連れて、各種手続きのために区役所を訪れる人は多い。さらに、戸塚区役所は戸塚駅直結という立地でもあることから、区では、ベビーカーのレンタルはニーズがあると判断した。

 この取組みは市内18区では初。他の自治体をみても、庁舎内に加え周辺エリアまで使用範囲とするものは珍しいという。戸塚区では、八王子市が行う同様の取組みを視察し、貸し出し方法等を参考にした。

 6月14日には区役所でベビーカーの寄付受納式が行われ、田雑由紀乃戸塚区長は「使いやすさを検討した結果、街を回遊できるようにした。この取組みを一歩進んだ子育て支援としたい」と期待を込めた。

 高村さんは「役所の方々には先頭に立って子育て支援に努めてもらえたら。(ベビーカーのレンタル事業は)『便利なものがあるよ』と口コミ等で多くの人に知ってもらい、他区にも広がっていけば」と話していた。

駅周辺の食事、買い物にも

 ベビーカーは戸塚駅周辺での食事や買い物にも利用できる。ただし、電車やバス、自家用車等で使用することはできない。

 貸し出し場所は戸塚区役所3階にある、とつかの子育て応援ルーム「とことこ」で、返却場所も同じ。利用できる子どもの年齢は生後1カ月〜4歳までで、月曜日〜金曜日(区役所開庁日)の午前9時〜午後3時(返却は午後3時30分まで)。利用する際は本人確認等の手続きが必要。

 問い合わせは、戸塚区総務課【電話】045・866・8308へ。

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

福祉古民家レストランへ

名瀬町久右衛門邸

福祉古民家レストランへ 社会

障害者が就労スキル磨く

5月19日号

ザンビアに卒業生の靴を

上矢部高校生徒

ザンビアに卒業生の靴を 教育

国際奉仕 150足寄贈

5月19日号

7人制大会で初優勝

区内女子ラグビーチーム

7人制大会で初優勝 スポーツ

創部以来の悲願達成

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月12日号

海外移住資料館が一新

JICA横浜

海外移住資料館が一新 文化

多文化共生の理解深化に

5月12日号

列車の位置情報を公開

市交通局

列車の位置情報を公開 社会

即時発信で利便性向上へ

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook