戸塚区版 掲載号:2016年8月18日号 エリアトップへ

(PR)

第2回市民公開講座 「肺がん最新事情」を専門家3人が講演 9月10日、旭区民文化センター「サンハート」

掲載号:2016年8月18日号

  • LINE
  • hatena
新緑脳神経外科太田 誠志 院長
新緑脳神経外科太田 誠志 院長

 医療法人社団 東京石心会「新緑脳神経外科」(旭区市沢町・太田誠志院長)は、「MRI(3T)」「MRI(1・5T)」「CT」「X線撮影装置」「超音波装置」「脳波計」などの機器をワンフロアに集約した検査棟を新設するなど、地域医療の拡充に努めている。また、放射線治療装置「サイバーナイフ」を備えた『横浜サイバーナイフセンター』が併設。放射線を用いた次世代の治療法は、体をメスで切らず、患部に放射線を照射し、病巣を縮小させることができる。同院のサイバーナイフ治療の実績は累計6000件を超えている(15年11月現在)。

負担かけない肺がん治療

 同院では9月10日(土)、市民公開講座「肺がん治療の最新事情」を開催する。昨年に引き続き2回目。今回のテーマは「体にやさしい治療の現状」。午後1時から3時半まで(開場0時半)。会場は旭区民文化センター「サンハート」(二俣川駅直結)。当日は同院・太田誠志院長、県立がんセンター呼吸器外科部長・伊藤宏之医師、同呼吸器内科部長・山田耕三医師が講演するほか、パネルディスカッションが予定されている。参加費無料。申し込み不要。定員300人。

 「現在、肺がんの手術は、以前のように大きく肺を切除せずできるようになったので、患者さんの負担が軽減されています。また、化学療法ではターゲットとする遺伝子にピンポイントで作用する、最新の分子標的薬が開発されているので、副作用が軽減されています」と話すのは「がんセンターでの肺がんの診断と治療」について講演する山田医師。太田院長は「がんの治療は、薬剤、手術、放射線治療など、病状に合わせて最も適した治療を組み合わせます。私どもは、ピンポイントの放射線治療施設として、地域に貢献したいと考えています」と話す。

県立がんセンター伊藤 宏之 医師
県立がんセンター伊藤 宏之 医師
県立がんセンター山田 耕三 医師
県立がんセンター山田 耕三 医師

医療法人社団 東京石心会 新緑脳神経外科

横浜市旭区市沢町574-1

TEL:045-355-3600

http://www.syck.jp/

注文住宅からリフォームまで

ご予算・お住まいに応じたプランをご提案します。お気軽にご相談ください。

https://www.o-jk.co.jp/

<PR>

戸塚区版のピックアップ(PR)最新6

スマホで自宅から予約可能に

スマホで自宅から予約可能に

「第百ゴルフ」アプリが登場

11月26日号

知名度高い名リフォーム店

知名度高い名リフォーム店

独自経営で顧客満足「さくら住宅」

11月26日号

「小さな修繕もご相談を!」

「小さな修繕もご相談を!」

 吉田町 (株)まるみハウス

11月26日号

噛める入れ歯で健康生活

噛める入れ歯で健康生活

院内技工所併設なので、当日修理も

11月26日号

無料相談で老後の悩みを解決

年始に向けた「備え」をサポート

無料相談で老後の悩みを解決

司法書士法人が”まるごと”対応

11月26日号

「チーム婚活」で良縁を

「チーム婚活」で良縁を

仲人と二人三脚で摑む

11月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク