戸塚区版 掲載号:2016年8月25日号 エリアトップへ

市政報告 「五大都市政策研究会」で子どもの貧困対策を発表 横浜市会議員 中島光徳

掲載号:2016年8月25日号

  • LINE
  • hatena

 8月4日、名古屋市で第24回公明党五大都市(横浜・大阪・京都・神戸・名古屋)政策研究会を開催しました。 テーマは「子どもの貧困対策について」。横浜市の発表では、私、中島みつのりが横浜市の現状と取組み及び国への要望事項を発表させて頂きました。

 横浜市で本年3月に策定した「横浜市子どもの貧困対策に関する計画」の内容と課題を発表し、公明党横浜市会議員団が、市に毎年の予算要望及び議会質問において子どもの貧困の解消、また貧困の連鎖の防止に向け、横浜市の「実態把握」とその改善に向けた「切れ目のない支援策の策定」を一貫して要望してきた報告をしました。

 また具体的な国への要望事項として6項目あげ、その中で、大学等進学のための給付型奨学金制度の創設の必要性を訴えました。

 国による平成25年度国民生活基礎調査では、我が国の子どもの貧困率は16・3%(24年)。さらに横浜市によると、国が示した貧困状態の世帯は、約半数が子どもの進学の断念や中退の経験・可能性があり、教育費の不安が大きくなっています。

 「ニッポン一億総活躍プラン」においても創設に向けて検討することが盛り込まれた「給付型奨学金」は、子どもの学ぶ希望を実現し、「貧困の連鎖を断つ」ために大変有効であるため、早期実現が必要と発表させて頂きました。

 また、国の子供未来応援基金の活用における草の根で支援を行うNPO等へ資金提供をさらに拡充するため、各都市(横浜市)で独自で子供未来応援基金を創設し、現在「子ども食堂」と呼ばれる食事の提供を行う子どもの居場所づくりなど、多様な担い手による、創意工夫を凝らした、子どもの貧困対策がさらに拡大できる様な環境づくりを提案させて頂きました。

結果集約し、国に提言へ

 最後に行われた「各都市の予算要望及び議員条例の紹介」では各都市から活発な質疑があり、有意義な政策研究会となりました。今後、今回の政策研究会を集約し、五大市として「国への提言」を作成します。

横浜市内にある「子ども食堂」を視察する中島みつのり(右から2番目)
横浜市内にある「子ども食堂」を視察する中島みつのり(右から2番目)

横浜市会議員 中島光徳

神奈川県横浜市戸塚区原宿4丁目13-12

TEL:045-410-6307
FAX:045-410-6308

http://nakajima-mitsunori.com/

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

「世界の中の日本」の役割

国政報告

「世界の中の日本」の役割

自民党副幹事長 横浜市連会長 衆議院議員 さかい学

1月9日号

横浜・戸塚の未来のために

市政報告

横浜・戸塚の未来のために

横浜市会議員 坂本勝司

1月9日号

誰にでも優しい街を目指して

元ワーキングママがゆく 32 市政レポート

誰にでも優しい街を目指して

横浜市会議員 伏見ゆきえ

1月1日号

台風対策は次のステップへ

県政報告 72

台風対策は次のステップへ

神奈川県議会議員 北井宏昭

1月1日号

2020年のテーマは、「準備」

横浜市会報告

2020年のテーマは、「準備」

横浜市会議員 鈴木太郎

1月1日号

「防災・減災」を社会の主流に!

皆様の声をカタチに! 市政報告

「防災・減災」を社会の主流に!

横浜市会議員 中島みつのり

1月1日号

不登校児童・生徒を支援!

県政報告

不登校児童・生徒を支援!

神奈川県議会議員 そがべ久美子

12月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク