戸塚区版 掲載号:2016年9月1日号 エリアトップへ

第50回目の区民大会を開催する、戸塚区ボウリング協会理事長の 松芳 敏江さん 吉田町在住 69歳

掲載号:2016年9月1日号

  • LINE
  • hatena

やっぱりボウリングが好き

 ○…毎年2回のペースで開催する区民ボウリング大会が、50回の節目を迎えた。区内のボウリング愛好家や協会の会員にとって、区民大会は「練習の成果を発表する場所」であり「同窓会みたいなもの」という。「80代の方も楽しみにするイベントなので、これからも長く続けていきたい」

 ○…ボウリングを始めたのは27歳の頃。自宅の近くにボウリング場が建ち、「子育ての息抜きに」という気持ちからだった。「結婚したのが19歳。それまで遊び方を全然知らなかったから、夢中になった」と振り返る。自分の指にあったマイボールを手に入れてからはさらに熱が入り、めきめきと上達。アマチュアの県代表に選出され全国各地を飛び回ったことや、試合でプロに勝ったことは良い思い出だ。ボウリングの魅力はずばり「奥深さ」。レーンの状態、指を抜くタイミング、回転の具合…様々な要素をクリアして初めて良い成績が出せる。「本当に難しい。だからこそやめられない」

 ○…60歳の頃に腰を痛め、翌年手術を受けた。「私からボウリングを取ったら何も残らない」と、ショックだった当時の心境を語る。そんな時、知人に勧められたのが「インストラクター」の道だった。現在は「基本を大切に」という信念を持ちながら、週に1〜2回のペースで教えている。たとえ自分が投げなくとも、学んできたノウハウを伝えることで、ボウリングを楽しむことができる。区や市の様々なボウリング団体で役職に就くのも「大変だけど、やっぱりボウリングが好きなので」とほほ笑む。

 ○…長く続ける理由は「ボウリング仲間がいるから」。娘より1歳下の仲間と買い物に出かけたり、17歳年上の仲間とコンサートを見に行ったりと、交流はボウリング場だけにとどまらない。今後の目標は「長く続けること」に尽きる。「同じ趣味の仲間っていいもの。ぜひ興味のある人には仲間になって欲しいです」と呼びかける。

戸塚区版の人物風土記最新6

金澤 洋さん

名瀬地域ケアプラザでクリスマスコンサートを開く、バイオリンアマチュア奏者

金澤 洋さん

名瀬町在住 80歳

11月12日号

持田 教利(かずのり)さん

区内ジム所属でボディビル県大会で優勝した

持田 教利(かずのり)さん

藤沢市在住 25歳

11月5日号

金田 喜稔さん

元サッカー日本代表で、FC T.BRUEのスーパーバイザーを務める

金田 喜稔さん

青葉区在住 62歳

10月29日号

中村 公也(きみや)さん

初の著書「リンケージ外交戦術」で第23回日本自費出版文化賞特別賞を受賞した

中村 公也(きみや)さん

深谷町在住 64歳

10月22日号

内海 宏さん

オンライン初開催となる戸塚区地域づくり大学校で講師を務める

内海 宏さん

俣野町在住 73歳

10月15日号

松信 健太郎さん

品濃町に営業本部ビルを置く老舗書店(株)有隣堂の社長に就任した

松信 健太郎さん

港北区在住 47歳

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク