戸塚区版 掲載号:2016年9月22日号 エリアトップへ

戸塚歯科医師会 子どもらの「駆け込み寺」に 加盟90医院で活動開始

社会

掲載号:2016年9月22日号

  • LINE
  • hatena
ステッカーを示しながら活動の説明をする小篠会長
ステッカーを示しながら活動の説明をする小篠会長

 戸塚歯科医師会(小篠(おざさ)一雄会長)は9月10日、地域の子どもたちを犯罪から守ろうと「こども110番のはいしゃさん」としての活動をスタートさせた。同歯科医師会に加盟する90の歯科医院が玄関等に共通のステッカーを掲げ、子どもたちの避難場所としての取組みを通して地域に貢献する。

 あぶないとおもったときは、すぐにここへかけこもう!―。

 前田町にあるオザサ歯科医院の入口にはられたステッカーにはそう書かれ、戸塚歯科医師会と戸塚警察署の名が入っている。このステッカーを掲げる加盟歯科医院では、犯罪に遭ったり、遭いそうになったりした子どもらが助けを求めてきた場合に、子どもたちを保護した上で警察等に連絡する。

 同歯科医院の院長でもある小篠会長によると、青葉区の歯科医師会が始めた活動を参考にしたという。

 「(活動は)防犯に加え、災害時の対策の意味もある。次世代を担う子どもたちが健全に育っていく一助となれば」と小篠会長。戸塚警察署では「このような活動が広がることは、犯罪の未然防止の観点からも大変有効」としている。

戸塚区版のトップニュース最新6

小雀町の団体 1次通過

ヨコハマ市民まち普請事業

小雀町の団体 1次通過 社会

車椅子で集える拠点 提案

10月29日号

事業のオンライン化推進

市内ケアプラ等

事業のオンライン化推進 社会

全館にWi−Fi整備へ

10月29日号

特殊詐欺 阻止件数が倍増

戸塚区

特殊詐欺 阻止件数が倍増 社会

被害額は3700万円減

10月22日号

10月中に素案まとまる

次期とつかハートプラン

10月中に素案まとまる 社会

区民の意見募集開始へ

10月22日号

低糖質どら焼きを開発

横浜医療センター

低糖質どら焼きを開発 社会

原宿の和菓子店と共同

10月15日号

街路灯維持に揺らぐ

市内商店街

街路灯維持に揺らぐ 社会

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク