戸塚区版 掲載号:2016年9月22日号 エリアトップへ

横浜市新庁舎 32階建て、来年8月着工へ 2020年1月完成目指し

社会

掲載号:2016年9月22日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は14日、中区本町に移転する新庁舎の基本設計を発表した。新庁舎は地上32階地下2階建てで高さ155メートル、延床面積は14万700平方メートル。実施設計を進めた上で2017年8月に着工し、当初計画どおり20年1月の完成、6月末の供用開始を目指す。

 基本設計は新市庁舎整備基本計画をもとに、設計・施工を担う竹中・西松建設共同企業体(JV)の技術提案を踏まえて作られた。「従来型の公共工事は設計と施工を分けて発注するのが一般的だったが、新庁舎は一括発注の方式を採用した」と市総務局の担当者。工期短縮やコスト削減が見込めるだけでなく、設計段階から施工業者の独自技術や工法を反映できるメリットがあるという。

 基本設計は基本計画に沿って具体化されており、新庁舎は地下を駐車場(約400台分)とし、1階から3階までの低層フロアはコンビニやカフェなどの商業スペースに加え、新たに「市民協働スペース」として講演会やワークショップに活用できる空間を確保した。また3階から8階までの中層フロアは議会部分となり、8階から31階までを職員が働く行政部分としている。最上階の32階には電気室、機械室を配置した。

耐震・省エネを重視

 耐震性は国内最高ランクで、震度6強から震度7程度の大地震を受けても業務継続が可能なように免震構造と制振構造を組み合わせたハイブリッドな免震建築物となっている。

 屋上には大型ヘリポートを備えるほか、太陽光パネル約1千枚を設置することで、一般家庭約30世帯分に相当する年間10万kWhの発電を見込む。

 省エネの面ではさらに「高層階の窓は一般的に開閉できないことが多いが、JVの技術提案を受け、高層階でも外気を取り入れられる設計になっている」と市の担当者は説明する。これにより春・秋の空調負荷を減らすことが可能となり、機器の省エネ化とあわせて従来の高層ビルよりエネルギー削減50%以上を目指す。

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。新年から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

女性起業家250人輩出

上倉田町フォーラム

女性起業家250人輩出 経済

「たまご塾」が設立15周年

1月20日号

フラで自閉症理解 訴え

小雀町在住者主宰団体

フラで自閉症理解 訴え 社会

世界啓発デーにイベント

1月20日号

移動販売を本格始動

秋葉町内会

移動販売を本格始動 社会

住民の声から実現

1月13日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

「感染症対策 徹底を」

吉泉戸塚区長

「感染症対策 徹底を」 社会

にぎわい創出にも注力

1月6日号

3万6千人が門出

横浜市成人式

3万6千人が門出 社会

昨年に続き分散開催

1月6日号

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新 社会

  • 1月1日0:00更新

  • 12月16日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook