戸塚区版 掲載号:2016年10月27日号 エリアトップへ

徒歩帰宅者支援拠点 区内団体が初登録 10月7日には訓練も実施

社会

掲載号:2016年10月27日号

  • LINE
  • hatena
発電機を作動させるスタッフ
発電機を作動させるスタッフ

 横浜市が進める、大規模震災時の帰宅困難者対策の一環で、徒歩帰宅者支援拠点の運営スタッフとして「とつか災害ネット」が市内で初めて登録した。10月7日には、運営スタッフのみの現地での訓練を行った。

 大規模震災時、交通網の麻痺などにより発生すると想定される「徒歩帰宅者」。自宅に子どもがいるなどの理由で、徒歩で帰らざるをえない帰宅困難者への対策は避けられず、帰路での支援が必要とされる。そのため市は、帰宅ルートになりやすいと考えられる、幹線道路沿いの8区12か所に「徒歩帰宅者支援拠点」を設置する予定だ。震災時には市職員が各拠点に向かうことが難しいことから、拠点の運営スタッフを募っている。

市が協力を依頼

 市は拠点近くの事業所やボランティア団体などに、協力を依頼している。市に登録することで「スタッフ協力証明書」が発行され、運営スタッフとして認められる。運営スタッフは【1】夜間から早朝を除く時間帯に、市内1か所以上で震度5強以上が観測された【2】テレビ・ラジオなどの情報から横浜駅に乗り入れる鉄道機関全線が運休し、再開のめどが立たない――場合に集合する。戸塚区で災害ボランティアセンターを運営する団体「とつか災害救援活動ネットワーク(とつか災害ネット)」は市の声に応え、初の登録団体となった。

開設の実地訓練も

 開設時、拠点が主に行うのは情報提供だ。ラジオやテレビを設置するほか、市・区本部とPHSで連絡をとり情報を掲示する。地図やレインコート(雨天時)も必要に応じて配布する。用具は、平常時は指定された備蓄庫で保管する。

 区内で拠点に指定されている宝蔵院蓮ぎょう寺では10月7日、「とつか災害ネット」が初の自主訓練を実施した。訓練では、備蓄品の開封作業などから始め、リヤカーでの備蓄庫から拠点への運搬や、発電機の起動、情報を掲示するためのホワイトボードの設置などを実施した。訓練に参加した大坪映子さんは「戸塚駅は市内2番目の乗降者数をほこる駅。多くの帰宅困難者の利用が予想されるのでスムーズな運営を目指したい」と話した。

戸塚区版のトップニュース最新6

火災件数 市内ワースト2

戸塚消防署管内

火災件数 市内ワースト2 社会

前年比は最も増加

1月21日号

伝統文化存続に貢献

東俣野凧の会

伝統文化存続に貢献 文化

近隣小学校で長年指導

1月21日号

ビール作りに支援集まる

市大・木原生物学研究所

ビール作りに支援集まる 教育

春と秋の販売目指す

1月14日号

コロナうつ「工夫し解消を」

区内精神科病院院長

コロナうつ「工夫し解消を」 社会

外出自粛時の心構え語る

1月14日号

区内2,876人が門出

成人式

区内2,876人が門出 社会

密避け、2会場で分散開催

1月7日号

コロナ支援策を推進

吉泉戸塚区長

コロナ支援策を推進 社会

「一人ひとりを守りたい」

1月7日号

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

司法書士行政書士髙田秀子事務所

実績3,000件以上!相続の専門家が対応(045-410-7622)

https://www.takada-office.biz/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

リモートで戸塚の天体観測

【Web限定記事】横浜の星空さんぽ解説

リモートで戸塚の天体観測

2月13日・20日 踊場地区センター主催

2月13日~2月20日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク