戸塚区版 掲載号:2016年12月1日号 エリアトップへ

工作教室などを行う団体「mignon(ミニョン)」の代表を務める 高木 幸(みゆき)さん 前田町在住 55歳

掲載号:2016年12月1日号

  • LINE
  • hatena

子どもの表情をやりがいに

 ○…地域交流や多世代交流をめざし、戸塚区内で工作教室やバルーン教室を開いて3年。子どもがイベント会場で「おしごと」をして仮想紙幣をもらって楽しむイベント「ぷち*だがしや楽校」も、東戸塚地域ケアプラザと共催し、他のボランティア団体からの参加も増やしながら、地元のイベントとして定着してきた。「『ぷち』とつけて始めた企画が、ぷちとは呼べないくらいになってきた」と照れ笑い。

 ○…「地域でイベントを」と考えたきっかけは、未就学の子どもが参加できる催しを探したこと。子どもたちが地域で自分の店を開く「だがしや楽校」が横浜で行われていることを知り、興味を持った。しかし小学生限定だったり、登録者のみだったりと、理想と違った。「それなら自分たちの手で」と、周囲の母親に呼びかけ、まずは親子で店を開く経験を積もうと、地元大学の文化祭に出店することなどからはじめた。

 ○…娘が高学年になるにつれ、共に参加することも難しくなった中で「地域の人と協力して何かできないか」と思うように。フランス語でかわいいという意味を持つ「mignon」と名づけ、工作教室の企画運営を始めた。「工作をしていると、苦戦したり完成を喜んだりと子どもたちの表情がどんどん変わっていく。それを見ているのが楽しい」と嬉しそう。2年目には夢だった「だがしや楽校」を「ぷち」として開催。今月23日に行われたものには、約300人以上が訪れた。

 ○…好きな言葉は「人にやさしく」。父が亡くなる前、机に書き残していった。「こういう活動をするようになってから、特に人にしたことが自分にも返ってくる、親切の輪の広がりを感じる」と話す。はじめは、ケアプラザで活動する高齢者の団体の参加が多かったが、秋葉中や戸塚高校の生徒のボランティア団体も来るように。「『またやって』『参加したい』の声を原動力に続けていきたい」

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

中山 紀子さん

バドミントン選手として1972年のミュンヘン五輪金メダルなどで功績を残した

中山 紀子さん

汲沢町在住 76歳

12月5日号

掛川 隆さん

10月14日の「鉄道の日」に鉄道関係功労者として国土交通大臣表彰を受けた

掛川 隆さん

前田町在住 67歳

11月28日号

森 敬斗さん

ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから1位で指名された

森 敬斗さん

青葉区在住 17歳

11月21日号

飯島 まゆみさん

11月23日「ピアノグランプリ2019受賞記念演奏会」に出演する

飯島 まゆみさん

名瀬町在住 60歳

11月14日号

伊沢 弘男さん

20周年を迎えたバンドグループ「カプア・アイランダース」のリーダーを務める

伊沢 弘男さん

下倉田町在住 74歳

11月7日号

鈴木 さなえさん

上矢部地区センターで11月9日にシャンソンのコンサートを行う

鈴木 さなえさん

上矢部町在住

10月31日号

増田 成之(しげゆき)さん

戦争反対の思いを込めた、大人向けの絵本「BLUE」を上梓した

増田 成之(しげゆき)さん

汲沢在住 93歳

10月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大正地区センで祭り

大正地区センで祭り

12月7日・8日

12月7日~12月8日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク