戸塚区版 掲載号:2016年12月8日号 エリアトップへ

創立60周年を迎えた戸塚区剣道連盟会長の 齋藤 節治さん 柏尾町在住 73歳

掲載号:2016年12月8日号

  • LINE
  • hatena

剣道の精神 次代へ

 ○…GHQによる剣道の禁止が解かれて数年後、有志によって発足した「戸塚区剣道連盟」が60周年を迎えた。現在は区内の道場や学校、会社の剣道部員ら480人が所属する。「発足当時は警察署や消防署、授産所を借りて練習に励んだと聞いている。諸先生、先輩の精神を受け継ぎ、歴史の重みを真摯に受け止め、次につなげたい」と話す。

 ○…新潟県長岡市出身。中学2年の頃に剣道と出会った。当時は「試合で勝つことが多くて楽しかった」というが、さすがにその後50年以上も続けるとは予想できなかった。「高校までで辞めるつもりだった。大学で剣道部の主将に勧誘されてしまって、それからは惰性だったね」と笑う。しかし大学で剣を交え、合宿所で寝食を共にした仲間は、今も特別な存在だ。「剣道で出会った人のことを考えると、やっぱり続けきて本当に良かったと思う」

 ○…結婚、転職を機に、20代半ばで戸塚区へ引っ越し、それからは3つの道場へ日替わりで通い続けた。「1日休むと、自分の腕が落ちるのがわかる。毎日続けてきたのは、そんな不安を取り除くためだったのかもしれない」。一方で、帰宅が遅くなることもしばしば。「こんな生活ができたのは本当に奥さんのおかげだよ」とはにかむ。現在は、長年の経験で得られた知見を後進へと伝えている。「年齢ごとの楽しみ方があるのが剣道。子どもには礼儀を、大人にはケガをしない方法を教えていきたい」と話す。

 ○…「勝負事だから、勝ち負けは重要なこと。でも、もっと大事なことがある」と話す。「負けた人は反省し、次に生かす。そして勝った人は相手の心境を思いやる。剣道場は、そんな相手を思う精神が養えるところだと思う」。来年3月には、一般の人に武道を体験してもらう「とつか武道フェスティバル」を、他の武道団体とともに開く。「剣道は、何歳から始めてもいい競技。魅力が広がって、競技人口が増えると嬉しい」

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

中山 紀子さん

バドミントン選手として1972年のミュンヘン五輪金メダルなどで功績を残した

中山 紀子さん

汲沢町在住 76歳

12月5日号

掛川 隆さん

10月14日の「鉄道の日」に鉄道関係功労者として国土交通大臣表彰を受けた

掛川 隆さん

前田町在住 67歳

11月28日号

森 敬斗さん

ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから1位で指名された

森 敬斗さん

青葉区在住 17歳

11月21日号

飯島 まゆみさん

11月23日「ピアノグランプリ2019受賞記念演奏会」に出演する

飯島 まゆみさん

名瀬町在住 60歳

11月14日号

伊沢 弘男さん

20周年を迎えたバンドグループ「カプア・アイランダース」のリーダーを務める

伊沢 弘男さん

下倉田町在住 74歳

11月7日号

鈴木 さなえさん

上矢部地区センターで11月9日にシャンソンのコンサートを行う

鈴木 さなえさん

上矢部町在住

10月31日号

増田 成之(しげゆき)さん

戦争反対の思いを込めた、大人向けの絵本「BLUE」を上梓した

増田 成之(しげゆき)さん

汲沢在住 93歳

10月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ビッグバンドが登場

クリスマスコンサート

ビッグバンドが登場

7日 名瀬地域ケアプラ

12月7日~12月7日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク