戸塚区版 掲載号:2016年12月15日号 エリアトップへ

戸塚区を中心に福祉施設への慰問活動を行っている歌手の 浜岡 久二夫さん 泉区在住 71歳

掲載号:2016年12月15日号

  • LINE
  • hatena

歌の力 シニアに届け

 ○…「自分には、歌がある」――。そう思ったのは定年を迎えた60歳の頃。それ以来、横浜市内外の福祉施設を回り、歌を届けてきた。「自分の歌を聞いて泣いてくれたり、体が動かない人は声を上げてくれたり。そんな姿が心に響いてね」。メジャーデビューを果たした現在も「シニア世代を元気づけたい」という思いは強い。「大げさかもしれないけれど、『歌の力』はあると思う」と話す。

 ○…高知県生まれ。「そろって歌大好き」という9人きょうだいの8人目で、ギターや歌声が響くにぎやかな毎日を過ごした。歌手を目指そうと思ったのは18歳の頃。単身上京し、遠藤実歌謡スタジオの門を叩いた。「田舎者だから『簡単にできる』と信じていたけれど、これが大間違いだった」。28歳の頃には結婚し、子どもも授かった。しかし歌手としては芽が出ず、徐々に生活の方に軸足が移っていく。決定的だったのは、人に騙され夢破れた歌手仲間を見たことだった。「厳しい世界に腰が引けたね」。夢を諦め、勤めていた戸塚区内の小売業に専念することを決意した。

 ○…60歳になり、長年勤めた会社で定年を迎えた。残りの人生で何か社会貢献できないかと考え、思いついたのが福祉施設への慰問活動。施設利用者の笑顔や、ボランティア仲間から背中を押されたこともあり、2012年に、『夫婦と言う名の終着駅』という曲を自主制作。これがレコード会社の目に止まり、今年3月のメジャーデビューにつながった。若き日の夢が、50年越しに叶う瞬間だった。

 ○…定年前に取得したカラオケ講師の資格を生かし、戸塚区内外で歌の指導を行おうと生徒を募っている。ラジオやネットテレビへの出演も増え、活躍の場は広がり続けている。現在、書き溜めてきた詩に曲をつけようとしているところだ。「友達には『今更やるのか』と言われるが、”我なすことは我のみぞ知る”だよ」と笑顔を見せた。

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

福士 三夫さん

自宅で珍しい実のつく苗木セットを配布している

福士 三夫さん

上矢部町在住 74歳

5月19日号

宇田川 真乃さん

4月から「エフエム戸塚」でセーリングや海の魅力を伝える

宇田川 真乃さん

港南区在住 23歳

5月12日号

大森 洋太郎さん

大型の切り絵や水彩画、ペン画など芸術性の高い作品を生み出し続ける

大森 洋太郎さん

矢部町在住 78歳

5月5日号

中村 美恵子さん

今年20周年を迎えた「みんなの手話ダンスフラワー東戸塚」の代表を務める

中村 美恵子さん

品濃町在住

4月28日号

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

青葉区在住 50歳

4月21日号

向山 康三さん

さくらプラザで年1回、写真展を開催するヨコハマセブンフォトの会長を務める

向山 康三さん

港南区在住 70歳

4月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook